>  >  > 嵐の正月特番から見えたもの

嵐はテレビの中でどう歳を重ねていく? 青井サンマが正月の特番ラッシュを振り返る

関連タグ
TOKIO
NEWS
ももいろクローバーZ
アイドル
ジャニーズ
正月特番
青井サンマ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お正月も嵐はテレビに出まくりでした。新春スペシャル番組に、その番宣のための再放送やミニ番組、ワイドショーに新CMなどなど。ヲタが新春から録画・編集作業に大わらわなのもここ数年の風物詩ですね。全録機をお出しの企業様、狙うならジャニヲタ(特に嵐ヲタ)市場ですよ……!

 昨年のアルバムやコンサートツアーから(関連記事:コンサートの嵐は、テレビで見るより数倍かっこいい! 青井サンマが徹底レポート)嵐が大人方向へ舵をきった印象を受けましたが、その傾向がテレビ番組からも見て取れるのかが気になるところ。良くも悪くも若々しい嵐がどのようにテレビの中で歳をとっていくのかが、今年注目したいポイントだと思います。

 では、各番組を見て行きましょう。

1月1日 日テレ系『2015年嵐にしやがれ元日SP』

 昨年まではドッキリなどのチャカついた企画だった『嵐にしやがれ』新春特番が、今年は「“嵐旅館”で昨年活躍した一流芸能人たちをおもてなし」というテーマに。ロケ場所は椿山荘。大人です。この番組がスタートしてしばらくは嵐がゲストからもてなされるという逆の設定だったことを思うと、感慨深いものがありますね……。

 とは言ってもゲストに振り回されるほうが嵐は面白いわけで、ゲストにはクセのありそうな面々が揃いました。興味深かったのは、嵐メンバーの誰にそのゲストを担当させるかという、番組スタッフによるチョイス。

 トーク・ツッコミ力のある二宮くんには、最近熱愛報道のあった安藤美姫さんや篠原信一さんの元スポーツ選手を。そつなくまとめられる櫻井くんには、テキトー男・高田純次さんやアレクサンダーさん&岸博幸さんの異色コンビを選び、その「そつなさ」を崩しにかかりました。実は嵐ファンの黒木瞳さんやももいろクローバーZは、相葉くんの担当に。壁ドンなどの女子っぽい要望にこれぞアイドルというかっこよさとかわいらしさで応えました。

 松本くんには、水卜麻美さんをはじめとする日テレ女子アナ集団や片岡愛之助さんというやわらかめな人選。松本くんに限っては振り回されるよりも本人が振り回したほうが面白いからか、松本くんの過剰なおもてなしをテロップでイジるという演出に。リーダーだけどらしくない(?)大野くんには、TOKIOの城島くん、V6の坂本くん、NEWSの小山くんというジャニーズグループのリーダーたちを集めて座談会。先輩相手で気を使う大野くんに配慮してか、ここだけ進行役の千原ジュニアさんが投入されていました。

 このゲストたちと嵐の各メンバーの相性が素晴らしく、新春から笑いあり涙あり萌えあり感心ありで、たいへん楽しい番組でした。スタッフ様ありがとうございます!

 嵐にはSMAPの『SMAP×SMAP』やTOKIOの『ザ!鉄腕!DASH!』のような“ホーム”と呼べる看板番組がここ数年持てていない(以前は複数ありました)という印象でしたが、昨年のデビュー15周年のハワイ特番やこの新春特番を見ると、各メンバーのキャラを活かした企画を打ち出してきている『嵐にしやがれ』がホームになったのかもしれませんね。一緒に歳を取っていく番組がやっと定まったのかなと期待が高まります。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版