>  >  > LAMP IN TERRENの存在が示すもの

ロックバンドにおける歌の復権へ 徹底的に歌詞にこだわるLAMP IN TERRENとは

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141212_lit_a.jpg

 

 LAMP IN TERRENのライブを初めて見たのは2014年6月、渋谷CLUB QUATTROで行われたイベント「HighApps vol.19」だった。The fin.、赤色のグリッター、GOOD ON THE REEL、THE ORAL CIGARETTESといった気鋭のバンドが出演するイベントだったのだが、そのなかでLAMP IN TERRENはメロディと言葉をひとりひとりの観客に手渡すようなライブを展開。“歌を伝える”ことにフォーカスを当てたステージからは、“踊らせる、盛り上げる”ことに重きを置いた現在のシーンの潮流とは完全に一線を画す、際立った個性がしっかりと伝わってきた。

 このバンドの始まりは’07年。中原健仁(Ba)が中学3年生のときに結成した前進バンドに松本大(V&G)が参加。’11年、地元の友人だった川口大喜(Dr)が加入、現在のメンバーが揃った。’12年、バンド名をLAMP IN TERRENにして本格的なライブ活動を開始。生々しい感情と文学的ともいえる手触りを共存させた歌、そして、全身全霊で観客と向き合うようなライブパフォーマンスによって徐々に支持を得てきた彼らは’13年、MASH A&Rのオーディション「MASH FIGHT Vol.2」とRO69主催のオーディション「RO69jack」を獲得、注目度を一気に高めた。

 2015年1月14日にリリースされるメジャーデビューアルバム『silver lining』には、このバンドの魅力が高い純度で反映されている。軸になっているのはもちろん、松本が紡ぎ出す言葉とメロディ。リードトラックの「緑閃光」のなかで松本は、こんなふうに歌っている。

「どこかに落とした気持ち 夕暮れが連れ去ったとしても/いつか同じ様に 何度も 何度でも見つけてみせるよ」

 生きる意味、存在意義といった曖昧なもの――しかし、誰もが求めずにはいられない――はすぐにこぼれ落ちてしまう。でも、それを探し、掴み取ろうとする意志だけは絶対に持っていたい。「緑閃光」に込められた思いはきっと、幅広い層のリスナーの心を揺さぶることになるだろう。

 また、歌詞の世界観とリンクしたドラマティックなメロディライン、歌を際立たせることに意識を置いたアレンジも、このバンドの大きな武器。高速の4つ打ちビートとキャッチ―なギターリフばかりが目立ち、歌詞の内容がほとんど印象に残らないバンドが多い現在のJ-ROCKシーンにおいて、徹底的に歌にこだわるLAMP IN TERRENの存在はきわめて新鮮だ。

 彼らの音楽的なスタンスは、たとえばエレファントカシマシ、blood thirsty butchers、LOST IN TIMEなど、切実なメッセージ性と高い文学性を共存させたバンドの系譜にもつながるのではないだろうか。その表現はまだ粗削りだが、松本が紡ぎ出す純度の高い言葉と旋律からは、“この先にはさらに奥深い歌の世界が広がっているはずだ”という大きな可能性が感じられる。“その場だけの盛り上がり”から“強く心に残る歌”へ。ロックバンドにおける歌の復権という意味においても、彼らの存在には大いに注目していきたいと思う。

■森 朋之
音楽ライター。’00年頃から音楽誌などでライターとしての活動をスタート。現在、主な執筆媒体は「WHAT’s IN?」「CD&DLデータ」「B-PASS」「オリ☆スタ」「ナタリー」など。ロックバンド、シンガーソングライター、アイドルからK-POPまで、取材対象はジャンルレス。

■リリース情報
『silver lining』
発売:2015年1月14日(水)
収録曲:
1. L-R
2. send me
3. クライベイベ
4. リメンバー
5. 緑閃光
6. ゴールド・ルーズ
7. balloon
品番/価格:AZCS-1040/ \2,000(税抜)

■ライブ情報
『BLUESYARD’14』※ワンマンライブ
12月14日(日) 下北沢CLUB251
OPEN 18:00 / START 18:30
SOLD OUT
 
11月30日(日) Shibuya O-WEST / rockin’on presents JAPAN’S NEXT vol.5
12月06日(土) 高松DIME / go!go!vanillas TOUR 2014
12月07日(日) 岡山ペパーランド / go!go!vanillas TOUR 2014
12月09日(火) 広島Cave-Be / go!go!vanillas TOUR 2014
12月11日(木) 梅田Shangri-La /OOYODO WHEEL-MINAMI WHEEL EDITION-
12月21日(日) ポートメッセなごや / MERRY ROCK PARADE 2014
12月29日(月) 幕張メッセ国際展示場 / COUNTDOWN JAPAN 14/15
12月30日(火) 渋谷CLUB QUATTRO / LIVE DI:GA JUD GEMENT 2014
12月31日(水) 大阪城ホール / 『Ready Set Go!!』Count Down Live2014 ⇒ 2015 supported by A-Sketch
1月16日(金) LIQUIDROOM / MASH A&R presents MASHROOM 2015
2月11日(水) 札幌cube garden / Mount Alive presents “NO BORDER “

Official Site: http://www.lampinterren.com/
Twitter: https://twitter.com/lampinterren
Facebook: https://www.facebook.com/LampInTerren

「ロックバンドにおける歌の復権へ 徹底的に歌詞にこだわるLAMP IN TERRENとは」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版