>  > ニコ動No.1歌姫・ユリカ/花たん登場

3rdアルバム『The flower of dim world』インタビュー

ニコ動No.1歌姫 ユリカ/花たん、新作を語る 「“流行りの曲、歌い方”は、ちょっと苦手です」

関連タグ
ニコニコ動画
歌ってみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140924_hanatan_j.jpg

 ニコニコ動画を中心に活動する歌い手として、歌唱力・表現力ともにNo.1と評されるユリカ/花たんが、ロック&メタルをコンセプトにした3rdアルバム『The flower of dim world』をリリース。今作でも冴える力強いハイトーンボイス&“美ブラート”と、ほんわかした人柄には大きなギャップがあるが、そのマイペースさがブレない芯の強さを感じさせる。今作に込めた思いとともに、「歌い手」として活動をはじめた経緯と“現在地”を語ってもらった。

「“歌手になりたい”という気持ちはありませんでした」

――当サイト初登場ということで、まずはこれまでの歩みを振り返っていただきたいと思います。ニコニコ動画の「歌ってみた」カテゴリに投稿をはじめたきっかけとは?

花たん:昔からカラオケが大好きで、歌が趣味だったんです。でも、「歌手になりたい」みたいな気持ちは一切なくて、本格的な音楽活動はしていませんでした。ニコニコ動画に出会う前は、イラストや音楽を共有する「ピアプロ」というサイトで、音楽ではなくイラストを投稿していて。そんななかで、ニコニコ動画で活躍していた歌い手さんから、「イラストを使わせてもらいました!」というメッセージをいただいて、初めて「歌ってみた」というカテゴリがあることを知ったんです。

――当時は、どんな曲を歌っていたんですか?

花たん:世代的に、浜崎あゆみさんだったり、宇多田ヒカルさんだったり。アニメも好きなので、今回のアルバムにも収録させていただいた、『魔法騎士レイアース』のOPテーマ「光と影を抱きしめたまま」 もよく歌っていました。でも、自信はまったくなくて、家族や友だちがほめてくれることがあっても、「信用しないぞ!」という感じでしたね(笑)。ただ、多くの人に聴いてもらったことがなかったので、どんな反応があるんだろう、という興味本位で投稿してみました。

――08年の初投稿から間もなく、初音ミク初期の難曲「恋は戦争」を見事に歌いこなし、09年4月にはdoriko氏の「ロミオとシンデレラ」で大ブレイク。現在では330万再生を超えていますが、投稿はオリジナルが発表された5日後でした。そもそも幅広い楽曲を歌いこなせる歌唱力があるからかもしれませんが、選曲が独特だという印象があります。

花たん:単純に、私はもともと「みんなと同じ」というのが苦手なんです(笑)。それに、ランキングに載っていなくても素敵な曲はたくさんあるし、聴いていて「こんな風に歌いたいな」と思える曲を歌うことが多くて。「こんないい曲があるんだよ!」って伝えたくて、自然とそういう曲選びになっているのかもしれないですね。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版