>  >  > SMAP新作で若手実力派が存在感

矢野利裕のジャニーズ批評

SMAPの新作は“実力派ミュージシャンの戦場”? 川谷絵音(ゲス乙女)、SALUなどの起用曲を分析

関連タグ
SMAP
HIPHOP
ROCK
アイドル
ジャニーズ
矢野利裕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SMAPのアルバムは、外部アーティストによる楽曲提供がひとつの見どころになっている。とくに、『Pop Up! SMAP』あたりからは、他領域で勢いのある若手~中堅ミュージシャンが積極的に起用され、新作が出るたびの注目ポイントと言える。外部アーティストの大胆な起用はあまり上手くいかないことも多いが、その一方でSMAPの新しい一面を引き出すこともある。一例を挙げると、『super, modern, artistic, performance』収録の「ココロパズルリズム」が、個人的に印象深かった。この曲は、当時Perfumeのプロデューサーとして飛ぶ鳥を落とす勢いの中田ヤスタカが抜擢されているのだが、得意のヴォコーダーを駆使したエレクトロ・ハウスは見事にSMAPの新境地を開拓していた。とくに、メンバーのよれがちな声を活かしたヴォコーダー処理には、たいへん感銘を受けた。

 先日リリースされた『Mr.S』も、先行シングル『Joy!!』の作詞作曲を担当した津野米咲(赤い公園)を筆頭に、若手~中堅ミュージシャンが積極的に起用されている(もっとも、ジャニーズの楽曲はコンペ形式になっており、膨大な候補曲のなかから選ばれているとも聞く。ちなみに中居正広は、『ダイノジ大谷ノブ彦のオールナイトニッポン』において、「Joy!!」は香取慎吾の好みで決まったのではないか、と推測している)。そのなかで、今作とくに存在感を示したのは、「アマノジャク」の作詞作曲を担当した川谷絵音(ゲスの極み乙女。)だろう。

 技巧的なキーボードが印象的なテンポの速い「アマノジャク」は、編曲が川谷ではないももの、ゲスの極み乙女。に通じるナンバーである。しかし、一方でヴォーカルは、川谷がゲスの極み乙女。で歌うほど詰め込み過ぎていない。これはおそらく意図的なもので、SMAPがユニゾンで歌うことを念頭に置いた結果だろう。正直、SMAPは小器用に歌いこなすタイプではないので、外部アーティストがSMAPに楽曲提供をするさいに、ヴォーカルの譜割りの相性が悪くて失敗することがある。今回の川谷にしても、自身のヴォーカルのスタイルをそのまま持ち込んでしまったら、もしかすると上手くいかなかったかもしれない。しかし「アマノジャク」では、その点が非常に配慮されており、SMAPらしさを抱えつつも新鮮なポップスに昇華されていた。見事である。川谷が他アーティストに楽曲を提供するのはこれが初めてとのことだが、ジャニーズ仕事も含め、今後がとても楽しみである。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版