>  > People In The Boxの独自の音楽性

アルバム『Wall, Window』&シングル『聖者たち』インタビュー

People In The Box波多野が追求する表現とは?「バンドというよりも音楽が主体になってきた」

関連タグ
People In The Box
JPOP
ROCK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140805_pitb_a.jpg

 People In The Boxが5枚目のアルバム『Wall, Window』とアニメ『東京喰種トーキョーグール』エンディングテーマのシングル『聖者たち』を同時リリースする。

 鋭い美意識と柔軟な発想で、独自の音楽性を追求してきた3ピースバンドの彼ら。緊迫感ある曲調のシングルも、ピアノを導入し伸び伸びと展開するアルバムも、そのオリジナリティを強く感じさせるものだ。

 バンドを率いる波多野裕文(Vo、Gu)へのインタビュー。話は、それぞれの制作の背景から、そもそも「音楽活動とは何か?」という大きなテーマへと広がっていった。

「いわゆる『わかりやすい』っていうところに落としこむのはもう一歩遅れてると思う」

――まずはシングルの「聖者たち」についてなんですが、バンドにとっても初のタイアップなんですよね。

波多野:そうなんです。

――どういった経緯でタイアップが決まったんでしょう?

波多野:これは本当に単純な話で、『東京喰種トーキョーグール』原作の石田スイさんが前から僕らのことを好きでいてくれて、指名をもらったんです。僕らとしては、前々からタイアップをすごくやりたかったんですけれど、なかなか機会がなくて。

――あ、やりたかったんですね。

波多野:やりたかったんですよ。今回は特に、純粋にアニメのために作ろうという気持ちで臨めたので、自分たちとしてもラッキーだったなと思います。

――ということは、タイアップの話があって書き下ろした曲なんですよね。どういうところからイメージを膨らませていったんでしょう?

波多野:登場人物の感情やストーリーを汲んで、内容に沿った曲を書くのもいいかなと思ったんですけど、それで説明的になりすぎるのは面白くないなと思ったんで。コラボレーションとして、むしろ内容に並走しているようなもの、アニメにもう一つの奥行きが出るくらいか化学反応が起きたらいいな、っていうくらいの気概では作りました。

――ああいう不穏な曲がアニメの不穏な物語の最後に流れるという、そういう相乗効果を狙ったものでもあった。

波多野:そうですね。ムードだけ汲みましたね。で、僕はあまりアニメソングとかは詳しい方ではないんですけど、今まで以上に僕らの音楽を聴いてもらえる場になるっていうのはわかってたので。まず自分たちを薄めないっていうのは前提にありました。しかも、自分としてはめちゃくちゃキャッチーなところを目指したつもりで。でも、受け取ってくれる人によって様々ですね。「完全に通常運転だね」って言われたりもするし(笑)。

――いや、これはキャッチーだと思います、僕は。

波多野:キャッチーですよね。うんうん。

――曲調にもメロディにも、強いフックがあると思います。

波多野:そうしようと思ってたんです。薄めることはキャッチーじゃないなと思ってたし、いわゆる「わかりやすい」っていうところに落としこむのはもう一歩遅れてると思うから。だから、楽しかったですね。こういう、発表する場がありきの作曲っていうのはほとんどしたことがなかったので。

――で、今回はこの『聖者たち』というシングルとアルバム『Wall, Window』が同時にリリースされるわけですけれども。このリリース形態にはどういう意図があったんでしょう?

波多野:これ、実は意図は全くないんです。

――え? そうなんですか?

波多野:もともとアルバムのリリースが決まってて、そこに『聖者たち』っていう話が急に飛び込んできたんです。だから、制作期間も全然違うんですけれど、結果的に発売のタイミングが同じ日になった。狙った訳とかでは全然ないんです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版