>  >  > JUMP山田、ソロ活動でグループ刺激

Hey! Say! JUMP山田涼介、ソロとの両立はなぜ可能? メンバー間の関係性から読み解く

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140420-yamachankawaii.jpg

映画『グラスホッパー』で殺し屋役を演じることが決定したHey! Say! JUMPの山田涼介。

 Hey! Say! JUMPの山田涼介が、映画『グラスホッパー』に、殺し屋でナイフ使いの天才・蝉役として映画に初出演する。同作は2004年に発表され、120万部を売り上げた伊坂幸太郎の同名小説をもとに制作された映画で、主演を生田斗真が務めることが決定している。

 山田の演技力は、ドラマ『金田一少年の事件簿』で主演を務めたことから一部では評価されているが、今回の映画出演を期にどこまで広く認知されるのだろうか。ジャニーズの動向に詳しいライターのジャニ子氏は、山田のアクションシーンに注目してほしいと語る。

「これまではヒーロー側や弱い役などが多かった山田さんですが、今回は殺人鬼役で新境地を開拓しています。『グラスホッパー』では殺し屋役としてアクションシーンが多いため、ジャニーさんに『山田のダンスを見てると涙が出てくる』といわしめたほどの身体能力の高さが発揮されるのではないでしょうか。グループ内では、子どもの頃から器械体操とダンスをやっていた知念侑李に追いつくために努力を重ね、センターを勝ち取ったほどのパフォーマンス力があることで有名です」

 一方、他のメンバーのソロ活動が活発化し、それぞれが才能を発揮。個々のメンバーの魅力が増すことで、Hey! Say! JUMPというグループ全体の勢いも加速するのではないか、と同氏は指摘する。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版