>  > 中島美嘉と加藤ミリヤ“意外な共通点”

コラボシングル『Fighter/Gift』インタビュー

中島美嘉と加藤ミリヤがコラボした理由とは? “意外な共通点”も明かすスペシャル対談

関連タグ
中島美嘉
加藤ミリヤ
JPOP
歌姫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140605-mirimika.jpg

 中島美嘉×加藤ミリヤ――これまでにありそうでなかったふたりの共演が、シングル『Fighter/Gift』で実現する。J-POPからダンスミュージックまでそつなくこなし、多彩なクリエイター陣を招き実験的なサウンドにも挑むなど、互いに孤高の存在でありながらも、音楽的な部分は非常に似通うところが多い。そんな才女ふたりによる、阿吽の呼吸を見せたロング・インタビューをお届けしよう。

「『ミリヤって美嘉ちゃんと似てるよね』は最高の褒め言葉」

――今回の共演は、プライベートでも親交があったからこそ生まれたものと聞いていますが、普段はどんな会話を交わしているのですか?

中島美嘉(以下、美嘉):私とミリヤちゃんの会話の中心は、洋服とメイクの話がほとんど。

加藤ミリヤ(以下、ミリヤ):うん、洋服とメイクだね。

美嘉:仕事の話はまったくしないよね。

ミリヤ:恋愛の話もするけど、基本的には私は聞き役です。

美嘉:私がミリヤちゃんに一方的に話しちゃうから(笑)。

ミリヤ:美嘉ちゃんの恋愛話はめっちゃ面白いから、ずっと聞いちゃう。

――「私の恋愛はこうよ!」という意見は?

ミリヤ:あはは、ないない(笑)。美嘉ちゃんからは演技の話とかも聞いたり、すごく興味のある世界の話ばかりだから。

――すると、何がきっかけで共演することに?

美嘉:共通の知り合いのスタッフを通じて、引き合わせてもらった形かな。ミリヤちゃんとなら絶対に良い曲ができる! っていう確信もあったし。

ミリヤ:私もその共演の話をもらったとき、純粋に「美嘉ちゃんと曲をやりたい!」って思ったし、世の中の人たちも私たちのコラボに興味を抱いてくれるんじゃないかな、って感じて。

――歌詞はどのように進めていったのですか?

美嘉:ミリヤちゃんが書いた“孤独なFighter”という歌詞がすごく気に入って、私としてはこのままで平気と思えるほど、(ミリヤちゃんの)歌詞の世界観は出来上がってたんです。でも、好きな言葉が似ていたりして、結果的に一緒に歌詞を書くことにして。

ミリヤ:好きな言葉以外にも、美嘉ちゃんと私って似ている部分が多いな、って感じました。なので、私にとってみれば、「ミリヤって美嘉ちゃんと似てるよね」と言われるのは、最高の褒め言葉ですね。

――好きな言葉以外で似ている部分……例えば、孤高感とか?

美嘉:あ、友達が少なそうとか? ふふっ……まあ、少ないですけどね(笑)。

ミリヤ:そこも似てます(笑)。

中島美嘉×加藤ミリヤ 『Fighter ミュージックビデオshort ver. 』

――「Fighter」のミュージックビデオを拝見しました。中島さんがバトルに徹し、ミリヤさんは囚われの身という役柄でしたが、このアイディアは?

美嘉:シンプルで小難しくなく、みんなに伝わりやすい映像がいいよね、という話から、「Fighter」なら戦おう、ってことにしたんです。ふたりで戦うというより、私はひたすら戦い、ミリヤちゃんを助けるストーリーがいいかな、って。

ミリヤ:私は最初から「囚われの身でお願いします」と。正直、戦闘の意欲は沸きませんでした(笑)。

美嘉:私ははなから戦う気でした(笑)。

ミリヤ:今回のコラボの面白さは映像にも反映できたと思います。いつものミュージックビデオの撮影ではなく、まるで映画の撮影を経験しているみたいで、すごく新鮮でした。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版