>  >  > モー娘。道重卒業が与える影響とは?

モー娘。道重さゆみ卒業がグループに与える影響は? メンバーの心境や楽曲面の変化を読む

関連タグ
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モーニング娘。'14の第6期メンバー・第8代目リーダーである道重さゆみが、4月29日に山口県の周南市文化会館で行われた「モーニング娘。'14コンサートツアー春 ~エヴォリューション~」にて、今年の秋をもって同グループおよびハロー!プロジェクトを卒業すると発表し、大きな話題となっている。

 大黒柱としてグループを支える彼女の卒業により、モーニング娘。'14はどのように変化していくのだろうか。『アイドル楽曲ディスクガイド』の編者であり、同グループの動向に詳しいピロスエ氏は、道重の卒業に関して次のように語る。

「モーニング娘。のメンバーが卒業する際、大抵は「まだ早い」というファンの反応が上がります。その理由は様々ですが、ここ数年の9期メンバー加入以降の時期に顕著なのが、高橋愛・新垣里沙・光井愛佳・田中れいなといった年長メンバーが次々と卒業していったことに対し、『9期以降のメンバーがアイドルとして成熟するまでもう少し待ったほうがいいんじゃないか』というグループの今後を踏まえての危惧の声で、それはとても大きいと毎回感じます。今回の道重についても同じことが言えますが、少し違うのは、昨年11月の秋ツアー千秋楽の武道館での『(ツアーが不安だったけど大丈夫だった。なぜなら)後輩たちが頼もしくなっていたからです』という道重のMCがあったことですね。さすがに『安心してすべ てを後輩に任せて卒業できる』ということではないと思いますが、彼女が卒業を決意したひとつのきっかけではあったんじゃないかな、と。また、道重さゆみはアイドルという生き方について誰よりも自覚的で、それは様々なエピソードからも伺えます。どこでモーニング娘。を辞めるか、その落としどころについてずっと考えていたであろうことは容易に想像できます。どのタイミングが正解なのかなんて誰にもわかりませんが、 彼女の出した結論が『今年秋』なんだったら、ファンはそれを受け入れるしかないでしょう。ただ、そうなると昨年からのグループの悲願であった 紅白歌合戦出場がもし年末に叶ったとしても、道重はその場にはもういないということが最大の悲劇でしょうね」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版