>  >  > 星野源が多ジャンルで活躍できるワケ

星野源が俳優賞受賞 なぜ彼は多ジャンルで才能を発揮できるのか

関連タグ
星野源
SAKEROCK
地獄でなぜ悪い
大人計画
松尾スズキ
箱入り息子の恋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 星野源が、「第68回毎日映画コンクール」の俳優部門で、スポニチグランプリ新人賞を受賞したことが1月21日発表された。今回は星野が初主演した、2013年公開の『箱入り息子の恋』での受賞となるが、このところ星野は音楽活動だけではなく、役者としての評価が形になる機会も多い。1月17日に発表された「第37回日本アカデミー賞」では前述の『箱入り息子の恋』や『地獄でなぜ悪い』での演技が評価され、新人俳優賞を受賞。それ以外にも「第5回TAMA映画賞では最優秀新進男優賞、第35回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞などを受賞している。

 実は星野の俳優としてのキャリアは中学生時代からに遡る。2003年、舞台『ニンゲン御破算』に参加したことをきっかけに、松尾スズキ主宰で宮藤官九郎らが所属する個性派劇団“大人計画”の事務所所属となった星野は、その後も舞台だけでなく『タイガー&ドラゴン』や『ゲゲゲの女房』など数々のテレビドラマに出演。俳優としての芸歴は10年以上にもなる。繊細で気弱な役どころから肉食でアグレッシブな体当たり芝居まで役柄は幅広く、すべてをナチュラルに演じる“俳優”星野源には、業界内でもファンが多い。

 もちろん、音楽家としての存在感も年々増す一方である。2000年に星野がリーダーとなり結成したインストゥルメンタルバンド“SAKEROCK”だけでなく、近年ではソロ活動も精力的に行い、2013年5月に発売された最新アルバム『Stranger』はオリコン初登場2位を記録。SAKEROCKでの作品も含め、自己最高位を記録した。2013年7月に開催予定だった初の武道館でのワンマン公演は、星野が2012年にくも膜下出血を患い病気療養のため休養に入ったことから延期されたが、2013年9月には自身のオフィシャルサイトで完治を報告。振替公演が来月6日に行われる。“日常”を感性豊かに切り取る言葉と普遍性なメロディーを、多方向なアレンジで彩る星野の楽曲は、世代や男女を問わず多くの音楽ファンに支持されている。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版