>  >  > Hey! Say! JUMPが勢いづいている理由

Hey! Say! JUMPが勝負に出ている!? CD連続リリースが意味するもの

関連タグ
JPOP
アイドル
ジャニーズ
ラップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20130112-jump.jpg

『Ride With Me』では初のラップに挑戦したHey! Say! JUMP。

 2014年は、Hey! Say! JUMPが飛躍する予感だ。『Ride With Me』が12月25日にリリースしたばかりの彼らは、2月5日には、通算12枚目となるニューシングル『AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ』を発売する。シングルリリースが1年以上なかったこともある彼らからすると、今回の発売スピードは異例とも言えるだろう。さらに、シングル3枚目『Your Seed/冒険ライダー』以来の両A面シングルであることからも、力の入れ具合が計り知れる。

 「AinoArika」を聞いてみると、これまでになかったオーケストラの荘厳な前奏から、一気に爽やかでハイテンションなメロディが始まる構成が印象的。また、中盤あたりでは大胆に曲調を変えたパートがあり、そこでは彼らの新たな武器となっているラップを堪能することもできる。フレッシュかつ大人の色気を醸し出しはじめた、今のJUMPの魅力が存分に味わえる一曲といえよう。

 そんな「AinoArika」は、メンバーの八乙女光が主演、伊野尾慧も出演するするドラマ『ダークシステム 恋の王座決定戦』(TBS系・1月20日深夜スタート)の主題歌でもある。八乙女はドラマ『金八先生』の第7シリーズで薬物に依存する中学生という難しい役どころを見事に演じた経験があるものの、ドラマ主演は初めてのこと。眠っていた彼の高い演技力が陽の目をみるとあり、大きな期待が寄せられている。また、伊野尾も約8年ぶりのドラマ出演ということで、出演のニュースに多くのファンが喜びの声を挙げている。

 さらに、髙木雄也もドラマ『Dr.DMAT』に、そして知念侑李は『超高速!参勤交代』で久しぶりの映画出演を果たしている。マネジメント体制が変わったらしいと噂されてから、次々とチャンスが舞い込んでいるJUMP。そして、彼らは見事にその才能を発揮しているのだ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版