チュートリアル・徳井、自慢の愛車「ハイエース」を披露 2022年もキャンピングカーブームは続く

 チュートリアルの徳井義実が、吉本の先輩にあたるテンダラー・浜本広晃のYouTubeチャンネルに出演し、自慢の愛車「ハイエース」を披露した。

チュートリアル徳井の愛車 TOYOTA ハイエース

 新型コロナウイルス感染症の影響により、密を避けられるアクティビティとしてキャンプが注目されるようになって久しい。そのムーブメントはお笑い界にも波及。キャンプ好きを公言し、野山で気ままなアウトドアライフをエンジョイする動画を自身のYouTubeチャンネルに投稿する芸人も増えている。その楽しみ方は、ソロ、大人数、自身の私有地で楽しむなど様々だが、中にはよゐこの濱口優やオリエンタルラジオの藤森慎吾、ロンドンブーツ1号2号の田村淳のように、キャンピングカーを新たに購入するものもいる。

 このほど公開された「チュートリアル徳井の愛車 TOYOTA ハイエース」と題した動画は、徳井と浜本が富士山を間近に望む絶景スポットでキャンプをするという内容。大自然の空気を満喫する2人の傍らには、浜本が所有する国産ビンテージカー日産「スカイライン ケンメリ」とともに、徳井のマイカー・トヨタ「ハイエース」が置かれていた。

 徳井のハイエースは、2019年に発売されたオートバックスのオリジナルブランド・ゴードンミラーとのコラボレーションモデル。はじめに目を引くのが、クラシックな丸目4灯のルックスだ。最近発売されたモデルながら、レトロカーの素朴さを醸し出す外見に、旧車好きの浜本は「めっちゃかっこいい。丸目っていうのがいいよね」とすぐに気に入り、「ケンメリも丸目やんか。やっぱ影響を与えてもうたんかな(笑)」とおどけた。

 ホイールは純正からアウトドアルックのものに変更したとのこと。また、内装はアカシアの天然木を効果的に配したぬくもりのあるウッド調となっており、徳井の「雰囲気が良いんですよ」という言葉通り、キャンプの高揚感をさらに高めてくれそうだ。

 ちなみに、徳井がこれまで乗ってきた車はすべて外国車で、このハイエースが初の日本車だという。徳井は「まさかハイエース乗ると思ってなかったですね。ハイエース乗って人生変わりました。キャンプもめっちゃ来るようになったし」と言い、インドアだった若い時と比べてアウトドアになったと明かした。そして「これは多分一生持ちますね。売る気はない」と宣言した徳井。車を通してライフスタイル、ひいては人生が変わった男の“ハイエース愛”は非常に深い。

 世間ではコロナ第6波への懸念が日増しに高まっている。2022年も移動&宿泊ができるプライベート空間として芸能人の間でキャンピングカー需要が高まり、それに伴い、キャンピングカーでアウトドアライフを楽しむ動画を投稿するタレントYouTuberも今まで以上に増えるかもしれない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる