“考察”がトレンド? 純愛、結婚、キスシーンにハラハラする恋愛番組たち

「ハラハラする」恋愛番組の魅力

 “先の展開が読めない”というのは、最高なエンターテインメントだ。ドラマ界でも、考察ブームの火付け役になった『あなたの番です』(日本テレビ系)や、2020年放送の『テセウスの船』(TBS系)など、「誰が犯人なのか?」とハラハラさせる考察系ミステリーが、ヒットを飛ばしている。しかし、“恋愛”を題材とした作品は、なかなかスリリングな仕掛けを作りづらい。ポスターでメインに映る2人が、くっつく(であろう)ことは明白であり、結ばれるまでの“過程”を楽しむものが多いからだ。

 そんななか、ABEMAの恋愛番組は、“恋愛”を題材にしていながら、実にハラハラとさせられる。とくに、10代・20代女性の7割以上が視聴している”と言われる「オオカミには騙されない」シリーズ。『今日、好きになりました。』や、『恋する❤︎週末ホームステイ』なども、先が読めない面白さがあるが、「オオカミ」シリーズは、とりわけ“考察”が楽しい。

 普通の恋愛番組と異なり、同シリーズには、必ず1人以上“恋をしない嘘つきオオカミ”が潜んでいる。つまり我々視聴者は、メンバーの恋を追いながら、「オオカミは誰だ!?」と“考察”していかなければならない。そのため、放送後のSNS上では考察合戦が巻き起こっており、YouTubeなどで考察動画をアップしている人もいる。“オオカミ”がいるからこそ、最終告白で風船を渡す瞬間(※オオカミではないメンバーは、OKなら風船を手渡す。オオカミであれば、風船を飛ばさなければならない)は、グッと息をのんでしまうのだ。

 24日に最終回を迎えた『虹とオオカミには騙されない』も、最後まで誰が“オオカミ”なのか、まったく見当がつかなかった。「まさか……」というメンバーが嘘をついている可能性もあるのが、「オオカミ」シリーズ。男性メンバーのなかに“オオカミ”が潜んでいることが明らかになったが、はたして誰なのか。まだ、最終回を見てない方はぜひその目で確認してほしい。

虹とオオカミには騙されない

 また、離婚歴のある男女が、もう一度結婚に向き合う『セカンドチャンスウエディング』も、“リアルすぎる婚活番組”として話題を集めている。9月17日に配信スタートした同作では、男女19名が理想の相手に出会うために、“船上マッチング”に挑んでいる。一度、結婚したからこそのリアルな結婚条件や、芽生えた価値観。これから運命の相手に出会いたい! と思っている人にとっては、勉強になることがたくさんあるのではないだろうか。さらに、マッチングで成立したカップルは、“婚前旅行”に行ったあとに、夫婦になるか、別れを選ぶかを決めるのだが、“婚前旅行”に行ってから運命の告白をする……というのも、新しくて面白い。

セカンドチャンスウェディング



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる