口に入れても大丈夫な「赤ちゃん用コントローラー」が話題 ゲーマー家庭のお悩みを解決?

赤ちゃんが噛んでも大丈夫なコントローラー

 赤ちゃんは容赦無くなんでも口に入れてしまう。ゲームをプレイしているとき、隣に座っている赤子や幼児にコントローラーを噛まれたり投げられたりした親ゲーマーも多いのではないだろうか。そんな一緒にゲームに参加している気分になりたい赤子が噛んでも大丈夫なゲームのコントローラーが今話題となっている。

(画像=BabyGlitchのkickstarter)

 BabyGlitchは自らを、「ゲーマーによるゲーマーのための、世界初のベビーブランド」と銘打ち、プレイステーションやXboxのコントローラーからインスピレーションを得た、赤子が噛んでも大丈夫なコントローラーのおもちゃを制作している。

(画像=BabyGlitchのkickstarter)

 BabyGlitchのコントローラーは、柔らかいシリコン製の素材でできており、コントローラーのボタンを押したり、スティックをいじったりもできる。また、コントローラーの上部についているベビークリップは、なんでも投げてしまう子供の投げ捨て防止にもなる。

 BabyGlitchの共同設立者であるSeth Bruce氏はプレスリリースで、「息子を持つゲーマーとして、子供に親しみやすい、ゲームにまつわるおもちゃが今までなかった。そんな中でゲーマーの親や未来のゲーマーの子供たちに、彼らが本当に喜ぶものを提供したいと思った」と述べている。

BabyGlitchのYouTube

 BabyGlitchのコントローラーは、現在Kickstarterにてクラウドファウンディングを行なっているので、気になる人は是非チェックしてみてほしい。

(画像=BabyGlitch公式HP/BabyGlitchのkickstarter/BabyGlitchの公式youtube)

(Source)
https://kotaku.com/now-they-re-making-video-chewable-game-controllers-for-1847955710
https://www.kickstarter.com/projects/babyglitch/gamer-parents-rejoice
https://www.babyglitch.com/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる