永遠に13歳のVTuber・鈴木勝、未知への挑戦を続ける求道者としての魅力

鈴木勝、求道者としての魅力

「俺様は謎に包まれし天才イケメンバーチャルライバー、漆黒の捕食者《Darkness Eater》、即ちD.E.という。」

 出だしからブッこんだ文章かと思われそうだが、この文章は今回紹介するバーチャルタレント、鈴木勝が最初期のころに概要欄に書いていた自己紹介文だ。

 「バーチャル世界を生きる、永遠に13歳の少年(中学二年生)。普通を嫌い、配信をきっかけに格好良いを極めようとするも空回りしがち。」(公式サイトより)である彼。そのビジュアルとも相まって中二病なの? と疑うかたもいるかと思うが、社築曰く「しゃべるだけでオチになる、全てを終わらせる者」と評するような、カッコいいとカワイイが同居するバーチャルタレントである。

 その少年性溢れるビジュアルと声色から、同僚であるライバーやファンからは「ショタ」と呼ばれ、いじられキャラとして扱われることも多いわけだが、女装衣装を導入して女性キャラとして配信を行なったり、にじさんじ所属ライバーでは初めて水着衣装(女性用)を導入するなど、にじさんじ内でも少年と少女を行き来する数少ないライバーでもある。

 また、演劇部元部長と語るように、にじさんじ内で催される声劇にも多数出演してきており、その演技力を買われ、コミックヴァルキリーとのコラボ企画では声優として抜擢されるほど。

 演劇を経験してきたこともあってかキャラクター/創作への造詣深さは活動初期から一貫しており、その最たる例がデビュー配信から進めていたストーリー配信「鈴木勝になる物語」だ。「2434system」をキーにしたストーリーを、出雲霞・卯月コウ・黛灰らと共につくりあげた。冒頭で書いた『漆黒の捕食者《Darkness Eater》』という二つ名は、このストーリー配信で出てくる単語でもある。

 今年4月に新しいデフォルト衣装へと変更する際には、「これまでの通常衣装は『漆黒の捕食者』としてのイメージが強くなりすぎてしまった。ワックスをつけてコートを着るこの衣装を気軽に着て配信ができない。『漆黒の捕食者』としての自分が、自分の中で大きくなり過ぎた」とも語り、「これからの自分」へと進化するための節目となる配信となった。

 VTuberという存在を通して描いた自身の物語、ひいては「キャラクター」という架空性や拡張性をもフルに活かし、多彩な衣装と演技でリスナーを驚かせ続けてくれる。その気になれば、彼は性別・年齢を飛び越えて自身を表現することもできそうなほどだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる