au新CMに抜擢、もーりーしゅーとが注目される理由 「作り込まず、日常をただ切り取るだけ」

もーりーしゅーとが注目される理由

 ABEMAで放送中の『恋する週末ホームステイ in the Resort』でシーズンMCを務め、au “三太郎” 新CMのオリジナルCMソングを歌うなど今大注目のもーりーしゅーと。

 TikTokのフォロワー数は140万人以上、YouTubeのチャンネル登録者数50万人超えの彼らが多くの人から注目される理由はいったいなんなのだろうか。兄弟で発信をすることの醍醐味や、今後のやってみたいことなどについて語ってもらった。

【撮り下ろし写真】もーりーしゅーと

TikTokでのバズりは予想もしなかった

ーー今や140万人もフォロワーがいますが、こんなに多くの方に見られることは予想していたんでしょうか?

しゅーと:いや、全然ですね。

もーりー:「楽しそうだから、やろう」っていう気持ちで始めただけなので。

ーーたくさんの人から見られることの怖さはなかったんでしょうか?

もーりー:そうですね。もともと自分がちょっと目立ちたがり屋で、歌が得意なこともあって聞いてもらいたかったので見られる怖さはありませんでした。ただ、その見られ方が「歌が上手い人」から「アホの人」になって一気に広まっていったのは不思議でしたね。

ーー支持される理由はなんだと思いますか?

もーりー:全くわからないですね。

しゅーと:最初にバズった動画は、僕がただ問題を出して(もーりーが)答えるというものでしたが、本当にただの日常なのでね……。

もーりー:「なにが、おもしろかったのかな?」って思います。本当に、日常をただテキトーに撮って、しゅーとが勝手に載っけているだけなんですよね。自分では普通だと思っていることを見られる場所に出してみたら、世間とは少しずれていただけ。笑わそうとしているわけではないので、不思議です。

ーーYouTubeを始めたのはなぜですか?

しゅーと:TikTokでフォロワーさんが増えてきて、「もっと見たい」という声をいただくようになったのですが、TikTokは長くても1分しか載せれないんですよね。それで「僕たちの日常を覗いてほしいな」と思い、YouTubeを始めることにしました。

ーーTikTok、YouTubeそれぞれで意識していることはありますか?

もーりー:うーん……カメラ回して載せてるだけですね。長さが違うだけで、TikTokとYouTubeの違いも特にないです。

しゅーと:本当に作り込まず、日常を切り取ってるだけなのでね。

もーりー:別にカメラ回っているからといって意識してることはないよね。

ーーTikTokやYouTubeを続けているうちに、もっと伸びていくかもって思った瞬間はありましたか?

もーりー:いや〜全然……。

しゅーと:気づいたら、こんな風になっちゃってたよね。フォロワーが増えたからって、動画のテイストを変えてはいないですし、逆にそれがいいのかなって思います。

ーーどういうことでしょう?

しゅーと:作り込まずに飾らない感じだから「日常を覗いている感」が出るんだと思います。

もーりー:企画らしい企画もやってないもんね。「たこ焼き作るか」「じゃあ動画回すね」みたいな。

お互いの意見を尊重し合うのが円満のコツ

ーー兄弟でSNSを発信することのメリットとデメリットを教えてください。

しゅーと:兄弟の仲が良くて、同じような活動をしている人はそこまでいない印象があります。だから、需要が高いというか、物珍しいみたいなところがメリットかなと思います。

もーりー:あとは、集合しなくても撮りたい時に撮れるのはいいですよね。

しゅーと:デメリットはないですね。普通に家族なんで、一緒にいるのが当たり前ですから。

もーりー:似てないのもちょうど良いんだろうね。僕が持っているものは弟になくて、弟が持っているものは僕にはない。だから、素直に意見を聞けたりするんですよ。同じもので競ったことがないんですよね。

しゅーと:興味を持つことが、同じにはならないよね。

もーりー:うん。TikTokをやりたいっていう気持ちは一緒だけど、好みや価値観が違うから、お互いに「俺だったらこうするけど」って意見するし、「そういう意見もあるのね」って素直に聞けるんです。

ーーおふたりの活躍を見て、これからTikTokとかYouTubeを始めたいという人にアドバイスをお願いします。

しゅーと:やらないと始まりませんからね。

もーりー:うん、やればいいと思うな。

しゅーと:伸びるかどうかは別として、自分がやりたいのはやった方がいい。たぶん自分が楽しんでないと、見てくれた人も楽しくないでしょうし、自分がやりたいことは積極的にやった方が後悔はないと思いますね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる