ロックスター社のYouTubeで『GTA 6』がNGワード設定に? ファンが発見

『GTA 6』がロックスター社のコメント欄でNGワード設定に

 発売から8年がたった今でも絶大なる人気を誇る『Grand Theft Auto 5』。開発元のRockstar社は、この作品に非常に大きな力をかけて販売してきたが、次回作の『Grand Theft Auto 6』を待ち望んでいるファンも少なくない。そんな『GTA 6』の発売を待ち望むファンたちが、Rockstar社のYouTubeのコメント欄にて『Grand Theft Auto 6』がNGワードに設定されていることを発見した。

 この設定、Rockstar社が『Grand Theft Auto 6』の発売を待ち望むファンの過激な対応に飽き飽きした結果なのではないかと推測されている。一部のファンたちは、発売を期待するあまり、Rockstar社の様々なソーシャルメディアに『Grand Theft Auto 6』に関連する情報や噂を送ったりしていたようだ。

 Not_StrangeMan氏は、Rockstar社が15年以上前に投稿したYouTube動画に「GTA 6」とコメントを試みたが、コメントが反映されず、その証拠となるスクリーンショットをTwitter上で公開している。また『GTA 6』の表記は表示されないが『GTA VI』だとコメント欄に表示されることも判明した。Rockstar社は『GTA 6』の表記を重点的にNGワードとしてセットしたようだ。

 もちろんこのNGワード設定はYouTubeのコメント欄に限ったもので、TwitterやInstagramなどの各種SNSでは適応されていない。また、『GTA 6』の情報が11月に公開されるという噂もあるため、そのための準備の可能性も否定できないだろう。ファンの声は届き『Grand Theft Auto 6』は無事発売されるのか? Rockstar社の今後の動きに注目だ。

(画像=GAMERANT)

(Source)
https://gamerant.com/rockstar-gta-6-mute-youtube-channel/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる