見つけたら即買いすべき「ダイソー」のスマホグッズとは? 活用術も紹介

即買いすべきダイソーのスマホグッズ

 スマホ用グッズの購入先としては、家電量販店、AmazonなどのECサイトがメジャーだ。しかし、忘れてはいけない選択肢がある。それが100円ショップだ。

 100円(110円)からという低価格ながら、ケース・フィルム・スタイラスペン・スタンド・充電ケーブル・充電器・バッテリーまで、スマホで必要なアイテムはあらかた揃ってしまうのが100円ショップのすごいどころ。中でもダイソーはレパートリーが豊富で、便利なスマホアイテムもよりどりみどり。

 そこで、ここでは「ちょっとしたスマホの不満を解決する」をテーマに、ダイソーで見つけた使いやすくて便利な百均スマホグッズをいくつか紹介していこう。

ケーブルもカードも収納できる「カードスタンドケース」

 手帳型ケースのような収納性、スマホリングのようなホールド性。その両方をわずか100円で成し遂げられるのが、ダイソーの「カードスタンドケース」。

 シリコンのしっとりすべすべな手触りで、3Mの両面テープでスマホやスマホケースに貼り付けて利用するケース(というよりホルダー)となっている。とにかくこのケースはコスパがすごい

 まずカードケースとして利用可能。ポケットにはカード1枚収納できるので、免許証やポイントカードなどを収納しておくのに最適。手帳ケースなどと違い、カバーを開かずとも取り出せる、出し入れの容易さも嬉しい。

 ホルダー部に指をかければスマホリング的なホールド感も与えてくれる。また、このパーツはスタンドとしても利用できるので、テーブルにスマホを置いてゆったり動画視聴したい場合などにも便利だ。

 さらに、ケーブルホルダーとしての機能もある。まさにスマホに欲しい収納性・ホールド力を手軽に入手できるアイテムとして、110円という価格は破格すぎる。見つけたら即買いしてもいいアイテムだ。

動画撮影、配信に最適な「首掛けスマホホルダー」

 YouTubeやTikTokなど、最近はユーザーが積極的に動画情報を発信する時代となった。しかし、手持ちで撮影するとどうしても撮れる範囲・内容が限定されてしまう。よく見る「手元動画」を撮影したいなら、この首掛けのスマホホルダーを用意しよう。

 以前Amazonで同様の商品を購入したのだが、その時の価格は1000円以上した。しかし、ダイソーの「首掛けスマホホルダー」はなんと220円だ。

 安さ故にちゃんと使えないのでは? 固定力が弱いのでは?といった不安もあったが、実際に使ってみると、巨大さと重さで定評のある「iPhone 12 Pro Max」もこうしてしっかりとホールドでき、首から落ちることはなかった。手元動画の撮影にはこの機材で十分対応できるはずだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる