『恋ステ in the Resort』第4話ーーこうきとの2ショットに女子メンバーが殺到! 心を射止めたのは?

『恋ステ in the Resort』第4話レビュー

 1週目のラストデートは、女子が気になる男子のもとへ向かうことに。シーズン18と同じ「制限時間は1時間、その間なら何人と話してもOK」というルールが、メンバーの心を大きく左右する。

 追加メンバーのこうき(明石光輝)のもとには、らいむ(川井来夢)、まほ(真穂)、うたな(詩菜)、あさき(榎彩咲)の4人が駆けつけた。気になるこうきの心は、まほに奪われている様子。朝の2ショットでも、まほを見て「バカ可愛い!」と連呼していたため、彼のタイプど真ん中なのだろう。しかし、まほにはすでに気持ちが通じ合っているえいき(鈴木栄響)がいるのだ。

 ここで、こうきvsえいきのバチバチのバトルが幕を開ける。「えいきも本気そうだし、負けたくない。手繋ぎたい(こうき)」「手繋いでもいい?最後をこうきで終わらせたくないから(えいき)」ーー。2人と手を繋いだまほが、会えない1週間で「会いたい」と思うのはどちらなのだろうか。

 そんなこうきの姿を見て、ショックを受けたのがうたなだ。うたなは、前作のシーズン18からずっと、こうきのことを一途に想い続けてきた。継続を決意したのも、彼が来るかも?という期待が少しはあったはず。それなのに、他の女の子と手を繋いでいる姿を目撃してしまうなんて……。その間に割り込むべきなのか、諦めるべきなのか。迷った挙句、うたなは思い切ってこうきの元へ行くことを決めた。そして、「今回は、吹っ切ろうと思ってきたから、何回か2ショット誘ってもいいですか?」と勇気を振り絞って伝えると、「うたなと話してみて、そこで本気で好きになるかもしれないし」と可能性が0ではない答えが返ってきた。うたなの一途すぎる想いが報われて欲しいとも思うが、果たして。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる