フィットネス人口1%の日本で『リングフィット』がヒットした理由 コロナ禍と「フィットネスのエンタメ化」から考える

コロナ禍で『リングフィット』がヒットした理由

 Nintendo Switchより2019年10月18日に発売された『リングフィット アドベンチャー』は、フィットネス人口が世界全体の約1%という日本においても大ヒットし、人々の「フィットネス」に対する意識を大きく変えるタイトルとなった。同作はなぜ、ここまで大きなヒットを記録したのか。発売後、今もなお世界中に猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の感染拡大という状況を前提とし、考えていきたい。

 『リングフィット アドベンチャー』(以下「リングフィット」)とは、魔王・ドラコによって閉じ込められたリングの能力を取り戻すべく、リングとともに冒険しながら筋トレをしていくゲームだ。単純なフィットネスソフトのように思える(実際にやってみるとかなりきつい)が、発売から半年が経っても品薄状態が続いていた。

 そもそも日本では冒頭で述べている通り、諸外国に比べてフィットネスへの意識はかなり低い。ではなぜフィットネスソフトが品薄になるほど需要があったのか。

 いわゆるコロナ禍において、外出自粛を強いられ多くの人が運動不足になったり、運動不足だと感じたりしたことは紛れもない事実だろう。実際、『約8割の女性が運動不足を感じ、約4割が「コロナ太り」を実感している』というデータも取られている。ほかにも、「コロナ禍における運動意識に関する調査」(株式会社ストライド)では、自粛期間中運動不足を感じたと回答した人が58%以上にも及んでいる。そこで、運動不足の解消に「家」が選ばれたのは安全面だけではないだろう。

 日本人のフィットネス人口が少ない理由として、日本人は重症化しないと病院に行かない傾向にあること、日本人が無類の貯金好きだということ、日本のフィットネスジムの会費が高いこと、肉体的な強さが必要でない平和な環境にあること、などが挙げられるという。最後の一点を除けば、安全かつこれらの懸念点を解決し、運動できるというのが「リングフィット」がコロナ禍において多くの需要を得た一つの理由ではないかと思う。

 ところで、RTAという言葉を耳にしたことがあるだろうか。RTAとは「リアル・タイムアタック」の略称のことで、さまざまなゲームの最短クリアを目指すというカルチャーだ。日本でも、さまざまなプレイヤーがさまざまなゲームで挑戦をしており、2016年からは「RTA in JAPAN」という大規模なオフラインイベントも行われている。2021年は夏の8月11日から15日までの5日間で行われ、来たる冬の12月に6日間で行われる予定だという。

 その先日の夏のイベントで、元体操選手でYouTuberのえぬわたが「リングフィット」のRTAに挑戦。ゲームのイベントでは滅多に見られないフィジカルを駆使したプレイと、臨場感あふれる実況解説があいまって、インターネット上で大きな話題となった。同イベントでは、「ワールド1」のみを規定の条件でクリアするという種目で挑戦が行われ、放送時間として用意されていた30分を使い切ることなく17分でクリアを成し遂げた。なお、同氏はすべてのワールドをRTAで28時間22分12秒でクリア達成している。今回の大会のトリを務める種目だっただけに、開幕直前に『リングフィット RTA』がTwitterでトレンド入りするなど、盛り上がりを見せた。

リングフィットアドベンチャー – RTA in Japan Summer 2021

 このように、日本人が敬遠しがちだったフィットネスは、一種のエンターテイメントとして受け入れられつつあり、自分もやってみよう、と興味を持ったり触発されたりする人もいることだろう。「リングフィット」は累計売上本数1011万本を突破しているという(2021年8月27日現在)。内訳としてはおうち時間増加による運動不足解消の時期に約738万本、それ以降現在までに約273万本。発売から2年経ったいま、えぬわたによる「リングフィット」のエンターテイメント化の力も相まり、需要は増え続けていくだろう。

 『リングフィット』は、コロナ禍においてフィットネス人口約1%の日本人の「フィットネス」に対する意識を変えた。さらに、今回のエンタメ化への流れが加わり、より身近なもの、生活の一部に変わっていくのではないだろうか。

参考: https://news.biglobe.ne.jp/trend/0514/ckn_200514_7615264351.html

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001029.000011414.html

       https://rtain.jp/

            https://game.asahi.com/article/14416579

            https://www.famitsu.com/news/202009/10205549.html

            http://www.kenkou-club.or.jp/kenko_genki_sh119.jsp

    https://forbesjapan.com/articles/detail/17952

            https://www.re-estate.co.jp/column/column06.php



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる