子どもと一緒に楽しめる教育系YouTuberは誰? 500人の保護者が選んだ教育系YouTuber人気ランキング

「教育系YouTuber人気ランキング」発表

 塾や習い事に関する総合情報サイト「テラコヤプラス by Ameba」が、小中高校生の子どもがいる保護者500名を対象に、教育系YouTubeに関してのアンケートを実施。教育系YouTuberの人気ランキングを発表した。

1位  「小島よしおのおっぱっぴーチャンネル」(163票)
2位  「中田敦彦のYouTube大学」(134票)
3位  「松丸亮吾【ひらめきラボ】」(53票)
4位  「とある男が授業をしてみた」(39票)
5位  「カズレーザーの50点塾」(35票)

 在宅学習も多くなってきている昨今、教育系YouTubeで子どもたちの学習意欲を刺激することも選択肢のひとつと言える。調査の結果1位に選ばれたのは、お笑い芸人・小島よしおの「小島よしおのおっぱっぴーチャンネル」。第2位に、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦の「中田敦彦のYouTube大学」、第3位にタレント・松丸亮吾の「松丸亮吾【ひらめきラボ】」が続く。

 1位の「小島よしおのおっぱっぴーチャンネル」については、「子どもと一緒に楽しめる」「説明がわかりやすい」「お笑い要素があって楽しめる」といった保護者からの意見があった。2位の「中田敦彦のYouTube大学」の評価の理由は、「生活のことから時事問題まで幅広いジャンルを取り上げているのでためになる」「人気の漫画やアニメの紹介している」など、 ラインナップの幅広さのようだ。

 3位の「松丸亮吾【ひらめきラボ】」については、「子どもが飽きない時間での配信がちょうどいい」「遊び感覚で勉強できるのが子どもにとって学びやすい」など、子ども目線での内容が支持されている。

 そのほか、 4位の「とある男が授業をしてみた」を支持している意見として、「まるで学習塾に行っているような感覚」「学校の学習内容の復習や定期テスト対策に使える」といった声が。また、5位の「カズレーザーの50点塾」は、「心地よい声なので、画面を見なくても耳で学べる」「実際にテストで役立つことをまとめて分かりやすく伝えてくれている」とラジオのような感覚で学べるのが高評価につながっている。

 
 また、YouTubeで子どもに学習させることについて、保護者の意見をアンケート。その結果、約8割の保護者が「とても良い」「良い」と回答。多くの保護者がYouTubeを学習に取り入れることに好意的な意見を持つことが分かった。

 また、視聴頻度については、最も多かったのが「1週間に1本」の約24%で1番多く、次に「2~3日に1本」が約18%という結果となった。視聴頻度に関しては、それぞれの生活時間の中で利用していることが伺える。

■調査記事概要
【2021年版】保護者500人が選ぶ教育系YouTuber人気ランキング!1位は小島よしお、  2位は中田敦彦
記事URL:https://terakoya.ameba.jp/a000001465/

【調査概要】
調査時期:2021年04月02日(金)~2021年04月03日(土)
調査方法:インターネット
調査地域:全国
調査人数:小中高校生の子どもがいる保護者3090名
調査内容:お子さまの学習塾に関するアンケート



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる