完全ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco Free2」発売 パーソナライズ機能で耳の感度に基づいて音質を最適化

OPPOから完全ワイヤレスイヤホン発売

 OPPOの完全ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco Free2」が8月23日に予約開始し、8月27日より発売開始される。価格は13,980円となる。

 本製品は耳の形状・聞こえ方に合わせたノイズキャンセリング、音質のパーソナライズ化に対応し、自然な楽器の音色を再現した完全ワイヤレスイヤホン。

 ノイズキャンセリング機能は、ユーザーの耳の構造やイヤーピースの装着状態を検知して、ノイズキャンセリング効果に自動で調整。また、最新の3コアチップを搭載することにより、最大42dB のノイズキャンセリング機能を実現し、効果を提供する。仕事で集中したい時や、音楽や映画、ゲームなどに没入したい時にOPPO Enco Free2は周辺の雑音を軽減する。

 また本製品には、OPPOのサウンドイコライザーテクノロジーを採用。ペアリングした OPPO のスマートフォンにてBluetooth設定画面から、他社のスマートフォンはHeyMelody アプリを使って、簡単な聴力テストを行うことで、ユーザーの耳の感度に基づいて音質を最適化。加えて、「クラシック」、「ダイナミックバス」、「人の声を強調」、「クリア」を設定可能。イヤーピースは4.4gの軽さで、長時間の使用が可能。さらに、本製品は、イヤーピース装着テスト機能を搭載し、イヤーピースのサイズを把握することもできる。

 本製品はペアリング後、2回目以降はケースを開けるだけで自動で再接続し、最新のBluetoothバージョン5.2を搭載。両耳それぞれのイヤホンが Bluetooth信号を受信する「左右同時伝送」にも対応。フリーズ、干渉、切断を防ぐので、遅延を気にすることなく、視聴体験が可能に。ゲームモードをオンにすると、最大80msの低遅延モードとなりスマートフォンゲームもプレイ可能。タッチ操作は Bluetooth設定、もしくは HeyMelody アプリからカスタマイズが可能となる。

 合計3つのマイクが搭載され、風切り音を低減する特別なアルゴリズムを使用。外出先での電話対応や、オンラインミーティングにおける環境音を遮断する。一方、外部音取り込み(トランスペアレント)モードに切り替えることで、周囲の変化や会話などをイヤホンを装着したまま聞き取ることが可能。イヤホンは IP54 の防水・防塵認証を取得している。

■製品概要
「OPPO Enco Free2 」
カラー:ホワイト/ブラック
アクティブノイズキャンセリング:最大 42dB
充電方法:USB Type-CTM
電池持続時間:
(イヤホン単体/充電ケース使用)約6.5時間/約 30 時間(ANC オフ時)
Bluetoothバージョン:5.2
対応コーデック:AAC/SBC
ドライバー:10mmダイナミックドライバー
着用検知:対応
コントロール:タップ/スライド
重量(イヤホン/充電ケース):約4.4g /約38.8g
ゲームモード:対応
防水防塵規格:IP54(イヤホンのみ)

公式サイト:https://www.oppo.com/jp/
Twitter:https://twitter.com/OPPOJapan
Facebook:https://www.facebook.com/oppojapan/
Instagram:https://www.instagram.com/oppojapan/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる