モンスターボール型の虫かごが話題に! 芸能人や生物系ユーチューバーも愛用

モンスターボール型の虫かごが話題に

 ポケモンを捕まえる為の道具であるモンスターボールを虫かごにした「モンスターボール 虫かご」が、 発売から2年で販売数10万個を突破したことを報告した。

 ポケモンの世界には様々なむしタイプのポケモンが登場する。このモンスターボール型の虫かごは「カブトムシ」「カマキリ」「チョウチョ」「セミ」等の昆虫を捕まえて中に入れることで、 まるでポケモントレーナーのような気分を満喫できる商品。

 商品のストーリー性が話題となり、ポケモン好きの芸能人や生物系YouTuberに取り上げられた。

 2020年の6月に発売された「マスターボール 虫かご」も販売開始から1カ月で販売数3万個突破している。

20210811-monsterball-01
20210811-monsterball-02
20210811-monsterball-03
previous arrow
next arrow
20210811-monsterball-01
20210811-monsterball-02
20210811-monsterball-03
previous arrow
next arrow

■商品概要
「モンスターボール 虫かご」
販売価格:1,430円(税込)
サイズ:直径約17cm
重量:約150g
材質:ポリプロピレン(本体)、 ポリカーボネート(蓋)
発売元:株式会社タカラトミー
製造販売:株式会社キャステム
生産国:日本

「マスターボール 虫かご」
販売価格:1,650円(税込)
サイズ:直径約17cm
重量:約190g
材質:ポリプロピレン(本体)、 ポリカーボネート(蓋)
発売元:株式会社タカラトミー
製造販売:株式会社キャステム
生産国:日本
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokémon



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる