元祖バトルロイヤルゲーム『PUBG』が名前を変えた理由とは? 今後はユニバース化も

『PUBG』が名前を変えた理由とは?

 バトルロイヤルシューティングゲームの火付け役ともいえる『PUBG』が、ゲームの公式名を『PUBG:Battlegrounds』に変更していたことがわかった。

 『PUBG』の正式名称は『PlayerUnknown’s Battlegrounds』なので『:Battlegrounds』を付け足すことで意味が重複してしまう。何故このようなタイトルに変更したのか、多くのファンが疑問を持っているだろう。

(画像=Steamより)

 そんな『PUBG』の名称変更の真相は、ブランドの拡大にあるようだ。元祖バトルロイヤルシューティングゲームとも言われる『PUBG』だが、近年では『Fortnite』や『Apex Legends』、『Call of Duty: Warzone』などの無料バトルロイヤルゲームが人気を獲得し、『PUBG』は以前の人気は減少している。その対策として、『PUBG』のフランチャイズの広げるため、このようなタイトルになったという。『Battleground』は今後、『PUBG』のバトルロイヤル機能を指す名称になり、それ以外にも『PUBG: New State』や、名称不明のアニメシリーズが『PUBG』のユニバースに追加される。

 ファンは今まで通り『PUBG』と呼び、公式のプレスリリースやメディアでは『Battlegrounds』と記載される。今後も更に展開していく『PUBG:Battlegrounds』の動きに注目したい。

(画像=PUBG公式サイト/Steam

(Source)
https://gamerant.com/pubg-name-change-brand-expansion/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる