韓国で『マインクラフト』がレーティングRに指定? 18歳以下はプレイできず猛反対の声挙がる

韓国で『マインクラフト』が18禁に指定?

 世界中のプレイヤーから絶大な支持を得ている人気ゲーム『マインクラフト』が、韓国でレーティングRに指定され、大きな波紋を生んでいる。教育用としても使用されるほど、子供達に優しいゲームが何故18歳以下禁止になったのか?

 それには韓国の青少年のオンラインゲームへの接続を規制する法律、「シンデレラ法」が関係している。「シンデレラ法」は2011年に制定された法律で、午前0時~6時まで16歳未満はオンラインゲームの接続を禁止するといった内容になっている。

 物事の発端は、マイクロソフトが『マインクラフト』の開発元であるモージャンスタジオを買収し、アカウントを統合したことにより「JAVA版」の使用が義務づけられた。マイクロソフトはユーザーを個別にスクリーニングするのではなく、韓国では19歳以上でないとX Box Liveのアカウントを作れないようにしたため、その「JAVA版」の使用許可が下りる年齢が「満19歳以上」と定められたのだ。

(画像=Mojangより)

 この事態に腹を立てた韓国のプレイヤーたちは、シンデレラ法とマイクロソフトにこの規制を撤廃することを求め、署名が現時点で88,000以上集まっている。あるプレイヤーは「韓国は、『マインクラフト』さえもアダルトゲームになる、唯一のゲーム市場になるだろう」と述べている。

 マイクロソフトはまだコメントを公表していないが、韓国の子供達が再び『マインクラフト』をプレイできる日は訪れるのだろうか?

(画像=任天堂Mojang

(Source)
https://www.pcgamer.com/minecraft-is-now-an-r-rated-game-in-south-korea/
https://news.yahoo.co.jp/byline/takashikiso/20191107-00149854/
https://memorva.jp/school/words/cinderella_act.php
https://www1.president.go.kr/petitions/599533

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる