美川憲一が“ゲテモノ企画”でYouTuberの素質発揮? ベテラン芸能人が続々チャンネル開設

 有名タレントのYouTuberデビューが相次いでいる近年、新たなチャンネルをピックアップするとともに、その方向性や内容を検証する本企画。この1週間は、YouTubeとの相性の良さを感じられる芸能界のベテラン勢が続々とデビューを果たした。

阿部華也子「かやちゃんねる」6月16日デビュー

 めざましテレビの7代目お天気キャスター・阿部華也子が、YouTube開設を記念し6月16日に生配信を行った。「好きなお天気キャスター」のランキングでも1位を獲得する人気ぶりの彼女。念願だったYouTube開設について、「みなさんの日常に溶け込めるような優しい雰囲気のYouTubeになったらいいな」と意気込みを語った。

 また、生配信には阿部と同じ事務所に所属し、プライベートでも仲良しの高木由梨奈アナもサプライズゲストで登場し、2人でYouTubeについてゆったりとトークをした。その後は、「モーニングルーティーン」や「100の質問」などYouTubeの定番企画を公開しているので、彼女の素の表情が気になる人はのぞいてみては。

鬼頭明里「鬼頭明里 Official Artist Channel」6月17日デビュー

 アニメ『鬼滅の刃』竈門禰󠄀豆子役、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』近江彼方役など、多くの話題作に出演し、声優・アーティストとして活躍する鬼頭明里。そんな彼女が、アーティストとしての公式YouTubeチャンネルを始動した。

 チャンネルでは、ミュージックビデオなどのアーティスト活動に関する動画をアップしていくという。コメント欄には海外からのコメントも多く寄せられていて、国境を越えて愛されているのがわかる。

美川憲一「美川憲一のおだまりチャンネル」6月18日デビュー

 また、先週はベテランのビッグネームもYouTuberデビューが続いた。世代を問わず誰でもその存在を知っているであろう、歌手の美川憲一も75歳にしてYouTubeデビュー。開設報告動画は、ユニークな会見風に仕上がっており、記者がYouTubeについて質問をするという設定だ。YouTube開設のきっかけについては、タレントのはるな愛に「美川さん面白いから」と開設を勧められ、重い腰を上げたそう。開設動画では早くも、記者にずばずばと毒を吐く“美川節”を発揮している。

 さらに、21日にアップされた初の企画動画では、自身の代表曲『さそり座の女』にちなんで“サソリ料理”を食べるという、いきなり体を張った企画に挑戦。動画冒頭で活サソリを目の当たりにし、「毒は大丈夫?」と念のため確認するも、いたって動じない美川。

 その流れで、スタッフから食用のサソリを手渡されると、そのまま生で頬張り、ボリボリと音を立てて食べ「蟹の爪みたいな味」と感想を言うほどの余裕っぷりだ。その後は、どんな料理に合うのか自身で調理し、サソリ料理を次々と食していく美川であった。

 長年テレビ番組で鍛え上げられたバラエティ能力もあり、さすがゲテモノ系にも強い美川。体を張る企画が多いYouTubeに相性はかなり良さそうだ。今後も、どんな企画を見せてくれるのか、楽しみにしていたい。

小沢仁志「笑う小沢と怒れる仁志 / 小沢仁志」6月19日デビュー

 “Vシネマの帝王”と呼ばれる俳優・小沢仁志も、自身の59歳の誕生日にYouTube界へ進出。矢沢永吉のチャンネルを唯一視聴していると話すも、知識はあまりなさそうだ。

 そんなYouTube初心者の小沢が、スタッフ(舎弟D)の持ち込み企画で「100の質問」を行うことに。バーカウンターの前でウィスキーを片手にする小沢に、スタッフやファンから集めた質問を、舎弟Dがおそるおそる尋ねていく。

 1問目の「お名前と年齢は?」という質問に対しては、「見るんじゃねえよ、知らないやつは」とさっそく凄んで見せるも、なんだかんだ丁寧に質問に答えていく。自分のチャームポイントについては、「やっぱり顔面凶器じゃねぇの?」と、ほかのYouTuberからは絶対に出ないであろう答えを口にする(“顔面凶器”は小沢のあだ名だ)。

 そんな小沢だが、ディズニーについての質問には「(シーとランドでは)ランドが好き」「(好きな乗り物は)イッツア・スモールワールド」など、笑顔で答えるお茶目な一面も。また、俳優業や学生時代の話なども展開し、思いのほか充実した内容となった同企画は、後編へと続くようだ。

 YouTubeの知識がなくとも、テンポよくユニークな回答をしていく小沢は、アウトローなコンテンツが人気のYouTubeにフィットしそうな予感。果たして“Vシネマの帝王”は、YouTubeでどんな一面を見せるのか?ぜひ注目していきたい。

ベテラン勢の登場で視聴者の世代が広がる?

 今週は、美川憲一や小沢仁志など、芸能界のベテラン勢がYouTubeデビューを果たした。若い世代の視聴者にもハマりそうな、ベテラン勢の企画対応力の高さには驚かされる。また、今後は彼らのチャンネル開設をきっかけに、YouTube全体の視聴層の幅も広がりそうだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる