チョコプラ「悪い顔選手権」に続くヒット企画が誕生? 「意識高い系ドヤ顔選手権」が面白い

 人気お笑いコンビ・チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)がYouTubeで展開し、地上波でもムーブメントになった「悪い顔選手権」。その新作とも言える「意識高い系ドヤ顔選手権」なる動画が6月11日に公開され、わずか3日で56万再生を記録するなど、視聴者の笑いを誘っている。

意識高い系ドヤ顔選手権

 「悪い顔選手権」が誕生したのは、昨年11月。報道番組などでよく流れる容疑者逮捕時のニュース映像にインスパイアされ、長田と松尾のどちらが”悪い顔”ができるかを競い合う、というものだ。これが大ブレイクし、GENERATIONS from EXILE TRIBEの中務裕太&関口メンディー、純烈、そしてあの古舘一郎が参戦するなど、話題を広げてきた。

 そんななか登場した「意識高い系ドヤ顔選手権」。「悪い顔」よりやや難題な“あるある”になるが、そこは器用なチョコプラのふたり。長田が部下に「昨日の会議のアジェンダのエビデンスをフィックスしてコミットさせといて」と、デタラメなビジネス用語で指示を送る姿を演じれば、松尾はスムージーを飲みながらAI関連のニュースを検索。「悪い顔選手権」以上にデフォルメされたキャラクターになりきり、”ドヤ顔”を見せていく。

 その後、「ココナッツオイルを流行らせた人」「ドイツの新しい教育法を日本に持ってきた人」「スウェーデンの新しい文房具を輸入し、代々木上原で店舗経営している人」など、その人物像を考察していくのも「悪い顔選手権」から引き継がれた構成で、ふたりの大喜利能力の高さがうかがえて面白い。だんだんと“悪い顔”にしか見えなくなっていく、松尾の表情にも注目だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる