鈴木愛理が語る“ルッキズム”と闘う方法 「人が何と言おうと、自分が自分を一番わかってあげたい」

鈴木愛理が語る“ルッキズム”と闘う方法 「人が何と言おうと、自分が自分を一番わかってあげたい」

 現在放送中のABEMAオリジナル恋愛ドラマ『ブラックシンデレラ』に鈴木愛理が出演。本作は、自分に自信が持てないド平凡な女子高生が、外見主義に立ち向かいながら夢や恋に奮闘する“逆襲ラブストーリー”だ。

 ソロアーティストとして、モデル、女優もこなしながら多忙な日々を送る鈴木は、『ブラックシンデレラ』で主人公が憧れるミスコングランプリのルイを演じた。歌手・女優・モデルとさまざまな立場で“憧れられる対象”になっている鈴木が、キラキラした世界を一歩飛び出し「自分らしく」生きるルイについて演じる上での心境を語ってくれた。(Nana Numoto)

【記事の最後にサイン入りチェキプレゼントあり】

ーー2017年に°C-uteとしてのグループ活動を終え、2018年からソロでの活動になりましたが、改めて一人で活動してみていかがですか。

鈴木:今年の6月で4年目に入るのですが、思い返すとあっという間でした。ソロになってからは、音楽活動はもちろん今回みたいに女優のお仕事やモデルのお仕事もコンスタントにやらせてもらって、気づいたら27歳になっていました。

ーー今回『ブラックシンデレラ』に出演が決まったときの印象は?

鈴木:私はもともと、 ABEMAの作品をすごくたくさん観ていたので、ABEMAの世界の中に出演できることがまず嬉しかったです。しかも今年初めての仕事がこの『ブラックシンデレラ』のオーディションだったので、2021年の思い出としては濃い作品の一つになっているんじゃないかと思います。 

ーーちなみにABEMAで観ていたのはどんな作品ですか?莉子さんが出演していた『月とオオカミちゃんには騙されない』もそうですよね。

鈴木:たくさん観ていますよ!『恋愛ドラマな恋がしたい』も観ていますし、『オオカミ』シリーズもほとんど観ています。『僕だけが17歳の世界で』や海外の恋愛リアリティーショーも観ていますね。あと『さよならプロポーズ』と、最近始まった『ドラ恋』も観ています!人の恋愛を見て、「キャー」って言っています(笑)。莉子ちゃんの出ていた『オオカミ』も、もちろん観ていましたよ!「ソタリコ尊い!」って、自分のTwitterにツイートしていたので共演を知った時はびっくりしちゃいました。そんな子の憧れの存在に配役されるなんて、ただただ嬉しかったです。

ーー莉子さんの出演した『月とオオカミちゃんには騙されない』は名作でしたよね。今回そんなABEMA作品でお芝居に挑戦してみた感触はいかがですか?ルイを演じてみて工夫したり、気にかけてお芝居した部分を教えてください。

鈴木:鈴木愛理自身とルイは、重なるところがすごくあるんです。なので役作りというよりかは自分のままで演じることができる役柄でした。ポジティブなところや、一度はキラキラした世界に出たけれども、疲れちゃって道を変えた背景とか。私はアイドルとしてグループ活動を解散したあと、水面下で活動しているときに「人に忘れられちゃうんじゃないか」というドキドキを味わった半年間があって。それを乗り越えて今があるという点では、ルイちゃんと似ているなと思います。それを経てルイちゃんは年下の子にアドバイスをするけれど、私もそれを経たことで自分の人間味を取り戻したという感覚がありました。弟がいるというところも同じで、そこもすごく共感できましたね。

ーールイは過去に辛い思いを経験した役だと思います。ちなみに鈴木さんはこれまでのキャリアで、同じように“大きいことを成し遂げてからその反響に苦しんだ事”はありますか。

鈴木:小学校2年生からこの世界にいて、最初は歌うことがただただ好きで芸能界に入りました。でも好きなことを仕事にしていて、いいこともあればそれが人に評価されて辛いと感じたことも。大好きな「歌」だからこそ嫌いになりたくなくて、辞めたいと思ったこともありましたね。そういう辛さはありましたが、私はそれを乗り越えたので。ルイちゃんも「嫌だなあ」という思いよりかは、たぶん輝き続けることの大変さに疲れちゃったんだと思います。高校生からずっと輝き続けるって大変なことだと思うので。私とは環境が違いますが、そういう独特な辛さというのは理解できました。あと、ネガティブを知っているからこそポジティブになれる気持ちも共感できたので、ルイちゃんとは共鳴する部分もありましたね。

ーー乗り越えた先にあるポジティブって、ただ明るいだけとはまた少し違いますもんね。

鈴木:その話もちょうど台本を読んでいる時に、話題に上がったところで。底抜けポジティブの人と、1回ネガティブを経験した人とでは“ポジティブ感”が違うという。私も感じていた部分なので、こういう役を頂けてすごく嬉しかったです。自分らしく演じられる場所になりました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる