アンジャ児嶋にバイきんぐ西村、コロチキ西野も YouTubeで飛躍する”じゃない方芸人”

 お笑いコンビの目立たないほうが「じゃない方芸人」と呼ばれるようになったのは、いつの頃だろうか。テレビバラエティにおいて、基本的には相方を際立たせる存在として、縁の下の力持ち的に活動する彼ら。古くは『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)の「うなずきトリオ」、最近では『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「○○じゃない方芸人」回など、これまでにも主役としてフィーチャーされる機会がなかったわけではないが、如何せん、限られた番組の放送時間・枠組みの中で、その活躍は限定的だった。

 しかし、芸能人のYouTube参入が相次いでいる状況下において、ほんの少しだけ風向きが変わった。これまで、テレビのバラエティ番組で日の目が当たりにくかった「じゃない方芸人」たちも、自分のYouTubeチャンネルを持ちさえすれば、その中では主役になれる。中には、その人柄、意外な趣味がクローズアップされたことで、固定のファンを増やしている芸人もいる。

 YouTubeを始めたことで再評価につながった「じゃない方芸人」の代表格と言えば、アンジャッシュ・児嶋一哉だろう。スタートのタイミングが重要と言われるYouTubeにおいて、たまたまチャンネルの開始時期が相方の不祥事に涙ながらの謝罪をして株を上げた直後だったこともあり、初動から世間の大注目を集めた。その後も順調にチャンネルのファンを増やし、5月29日現在、チャンネル登録者数は89.3万人。2019年12月24日により始動していた渡部のチャンネルが6.46万人(5月29日現在)なので、相方に10倍以上の差を付けていることになる。

 むろん、最初の注目度だけで登録者数を継続的に増やせるほど、YouTubeは甘くない。取り立てて斬新な企画をやらず、どちらかと言うと「質問返し」「メイク動画」「歌ってみた」など定番のコンテンツが多い児嶋のチャンネルは、企画の内容よりも、その平和で親しみやすい人柄が支持されている印象だ。

最強デカ目になれる地雷系メイクしたらガチ盛れたんだけど…🥺♡

 児嶋のようにジャンルにとらわれず様々なことをYouTubeで発信するじゃない方芸人もいれば、一方で自分がこれと見定めた一つの好きなことを突き詰めていくじゃない方芸人もいる。

 バイきんぐの小峠じゃない方の西村瑞樹もその一人。西村はキャンプ好き芸人として知られ、2019年4月より始動している自身の公式YouTubeチャンネル「CAMP西村チャンネル」では、プライベートのキャンプ動画を度々アップしている。活動期間2年超で投稿本数は26本。決して更新頻度は多くないが、丁寧にキャンプの魅力を伝える動画がウケて、チャンネル登録者数は14.7万人(5月29日現在)を数える。

テント紹介とムール貝@道志の森キャンプ場]

 コロコロチキチキペッパーズのナダルじゃない方、西野創人もYouTubeで高い能力を発揮している。トークスキルやナダルへの絶妙ないじりはもちろん、辛い食べ物に異常に強いことが明らかになり、激辛女王として知られる鈴木亜美とのコラボで渡り合うなど、新境地も開拓している。

VS激辛女王!最強デスソース入りCoCo壱10辛で対決【鈴木亜美さん】【コロチキ】



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる