ギタリスト・SUGIZOとガンダムがxR技術で夢のコラボ バンダイナムコが次世代発信拠点「MIRAIKEN studio」をオープン

バンダイナムコ「MIRAIKEN studio」オープン

 玩具からアニメ、ゲームなど様々なエンターテインメントを通して、人々に「遊び」を提供してきたバンダイナムコエンターテインメント(以下、バンダイナムコ)。

 そんな同社が新たに「次世代のエンターテインメント」を追求するオープンプラットフォーム型の発信拠点「MIRAIKEN studio」を5月26日にオープンした。

 開設に伴い、二部に渡るオープニングセレモニーが開催された。

圧巻のパフォーマンスを見せた「MPLUSPLUS」と「パックマン」のコラボステージ

 MIRAIKEN studioは「A studio」と「B studio」の2つのスタジオで構成されている。

 第一部生配信ライブの冒頭では、エレクトリックなライブパフォーマンスに定評のあるMPLUSPLUSと、バンダイナムコレジェンダリーIPの「パックマン」とのコラボステージがA studioにて展開された。

 壁と床の4面全体に高画質LEDディスプレイを施し、また壁面には4K対応の「2.6mmピッチLED」を使用し、高精細な映像を届けられるのがA studioの特徴になっている。

 さらには最先端のxR技術を活用し、今までにない「映像やバーチャル空間に演者が入り込む」ような演出表現が可能になるという。

 ロボットスーツに身を包み、一糸乱れぬダンスを披露するMPLUSPLUS。

 その踊りに合わせて、パックマンが随所に登場する近未来的世界を表現した映像が融合し、あたかもひとつのストーリーを見ているかのような臨場感と没入感を味わえる圧巻のパフォーマンスを披露した。

2次元と3次元の垣根を超える“新たな体験”も創出

 続いてはB studioにて、ナビゲーターを務めたヒャダイン(音楽クリエイター)と金澤朋子(Juice=Juice)が、「アイドルマスター」シリーズの天海春香と共演。

 2次元キャラクターの天海春香と現実世界で居合わせるような演出は、ナビゲーターの両者とも驚きの表情を浮かべた。

 モーションキャプチャを活用した3DモデルとAR(拡張現実)技術を駆使することで、2次元世界のアイドルやキャラクターとリアルに交流が図ることが実現可能になるそうだ。

世界的ダンサーも驚いた奥行きのある映像演出

 後半には、国内外の大会で優勝経験を持つダンサーのKITEとMADOKAがxRダンスパフォーマンスを披露。

 ビートに合わせて華麗に舞う「ポッピング」ダンスはもとより、映像とダンスがシンクするような演出は、ストリートダンスの新たな境地を感じさせるものであった。

 パフォーマンスを行ったKITEは「20年以上ダンスをやっているが、こんな経験は初めて。奥行きを感じる映像表現がすごかった」と語り、MADOKAも「異空間で踊っているかのような感覚で、想像の10倍以上だった。エンターテインメントの格が上がったと感じた」と、MIRAIKEN studioの持つポテンシャルに感嘆した。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる