『格闘DREAMERS』episode1~4ーー那須川天心がコーチとして参加! 選手たちを鼓舞させた熱い言葉とは?

『格闘DREAMERS』episode1~4ーー那須川天心がコーチとして参加! 選手たちを鼓舞させた熱い言葉とは?

 まずはepisode1〜3で配信された内容を振り返っていこう。約200人の応募者のなかから、書類審査を突破した52名によって行われた第一次オーディション。総監督を務める、元DREAMフェザー級チャンピオンの高谷裕之は「技術はもちろん、気持ちも審査する」と断言。


 面接と実戦さながらのスパーリングを見守ったのは、GENERATIONS from EXILE TRIBE/THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバーから選ばれた格闘サポーターたち。なかでも数原龍友は「オーディションに掛ける気持ちは俺も同じだった」と、今回のプロジェクトに熱を入れる。

 第一次オーディションを合格した19名は2泊3日の合宿に突入した。この合宿のすべてが第二次オーディションの選考要素となる。早朝から走り込み、基礎練習、スパーリングと体力的にも精神的にも追い詰められていく参加者たち。疲労の抜けないままスタートした2日目も、前日以上に過酷なメニューが課された。夜には、実力的に劣る数人が呼び出され、高谷から「このままだと脱落」と、気合いを入れ直すことを宣告された…。

 episode4のサブタイトルは「勝敗」。“地獄合宿”の最終日、いよいよ参加者たちの明暗が分かれる瞬間が訪れる。


 朝6時に海岸に集合した参加者たちはランニングを開始。体を痛めていた安永吏成、柳田龍彌、山本歩夢の3人は参加しなくても良いといわれるが、安永だけは「やってダメだったら抜けるんで、参加させてほしい」と嘆願。ランニングに加わった。


 高谷、そしてコーチの岡見勇信はこうした安永のあきらめない姿勢を評価する。

 一方、前日の夜に脱落候補と宣告されていた八木敬志、宇佐美正パトリックは、気持ちを切り替えたようで、必死にランに喰らいついていく。

 この練習後、「北海道の喧嘩師」源浩宗が、脚に炎症を起こしてしまいドクターストップが宣告されてしまう。「気持ちは折れてない」と根性を見せるが、あえなく途中離脱となった。


 次のメニューはシャドーボクシング。そこに現れたのは、RISEフェザー級チャンピオンの那須川天心!参加者が驚きの表情で声も出ない中、那須川が特別コーチとして参加することが高谷から発表された。

 那須川はデビューから現在まで44戦無敗を誇り、前人未到の伝説をリアルタイムで築いている日本格闘技界の至宝。そんなスーパースターが見守るなか、シャドーボクシングをはじめる参加者たち。しかし、すぐに那須川の顔が険しくなった。

 「アップでシャドーやってる…」

 那須川は皆を集めて「シャドーはアップじゃない。自分の想像次第で、強い相手にも弱い相手にもなる。攻撃だけでなく防御も入れる。打ったらその場にいない。相手も動くから」と、対戦相手の姿をリアルに想像しながら行うことをアドバイス。このひとことだけで、参加者たちの動きは目に見えて変化しはじめた。


 それぞれペアになってのマススパーリングでは、那須川が自ら「入りましょうか」と急遽参戦。マススパーとはいえ、那須川と拳と交えるチャンスはなかなかない。参加者たちは次々と彼に向かっていった。

 その姿を見学していた、格闘サポーターの関口メンディー、白濱亜嵐、数原は「ジェネ高にきてくれたときの天心くんと雰囲気が全然違う!」と、顔色を変えていた。


 ひと通りのスパーを終えた那須川は「みんな個性もあるしスタイルも違う。僕もいい練習ができた」と満足気。「でも試合だったら、ひとり1回は倒れる場面を作ったんで」と負けん気を隠さない。

 那須川は最後に「格闘技は実力主義なので、誰よりも強くならないといけない。そのためには、誰よりも練習しなくちゃならない」というメッセージを残した。

 高谷も「めちゃくちゃいい経験になったと思う」と“天心効果”を実感していた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる