白石麻衣、高山一実&松村沙友理と共に“卒コン観賞会” YouTube共演に見る乃木坂46の絆

 白石麻衣のYouTubeチャンネルに、乃木坂46の高山一実と松村沙友理がゲスト出演。2020年10月に開催された「NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert ~Always beside you~」のBlu-rayおよびDVDの発売を記念して観賞会を行った。

【BD&DVD発売記念】松村&高山と一緒に卒コン鑑賞会【みんなも一緒に観よう】#27

 高山と松村が白石のYouTubeチャンネルに登場するのは3回目。1回目は昨年8月20日に行われたチャンネル開設記念生配信、2回目は同卒コン終了後の1期生だけのトーク企画に出演した。卒業から半年弱が経過しての今回の共演。ファンにとってはたまらない企画になったことだろう。

 ライブと同様、白石のソロ曲「オフショアガール」から観賞会は幕を開けた。サイリウムを片手に時に歓声を上げながら映像を楽しむ3人。「制服のマネキン」のイントロが流れると、高山が「卒業してから『制服のマネキン』踊ったことある? 『インフルエンサー』の冒頭の振り付けとかやりたくならない?」と素朴な質問を投げかけると、白石は「踊ったことはないけど、まだ踊れるとは思うよ。でも1年後とかになるとちょっとわからないな(笑)」と答えていた。

 卒コンでは1期生メンバーだけでデビュー曲「ぐるぐるカーテン」をパフォーマンスする場面もあった。現在、1期生メンバーの数は8名。そんな8名は先日YouTubeで配信された「デビュー1周年のバースデーライブ映像」でも絆の強さを感じさせていたが、そんなメンバーを指し白石は「最強の8人だよね!」と表現した。これに高山は「ありがとう。まいやんは前にもそれ言ってくれたよね」と感謝していた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる