玉井健二がプロデュース・監修、作曲AI搭載アプリ『FIMMIGRM』リリース メロディ&コード進行を自動生成

玉井健二がプロデュース・監修、作曲AI搭載アプリ『FIMMIGRM』リリース メロディ&コード進行を自動生成

 株式会社TMIKは、現在開発中・特許出願中の【ヒット率の高いメロディを作曲するAIサウンドシステム】のアルファバージョンを組み込んだ試験的なサービスの第一弾として、ミュージッククリップメーカーアプリ『FIMMIGRMTM(フィミグラム)』の無料版を2月22日に日本・中国・韓国の3カ国で同時リリースした。

FIMMIGRMTM(フィミグラム)iOS版ダウンロード

 

 『FIMMIGRMTM』のAIサウンドシステムはディープニューラルネットワークを使い、ポップソングの大きな構成要素である「メロディ」 と「コード進行」をすべて自動で生成。ヒットソングと呼ばれる楽曲の特徴を大量に学習し、抽出された特徴にランダムなベクトルを加えることで、全く新しい様々なパターンのメロディやコード進行を無限に生成することを可能にしている。今回のバージョンは、同システムのアルファバージョンとしてとして1フレーズ(8小節)Key=Cの MIDIデータとして整形し、自動生成する仕組みが搭載された試験的なものだ。

 アプリ上でスワイプするとエフェクトが変わり、エフェクトに合った様々なサウンドに変化。自分好みのエフェクトやサウンドを直感的に選べ、SONGボタンからはBPMやPITCHも調整できるほか、メロディ・コード・リズムを好きなようにミュートして、歌唱や演奏しながら動画を撮影することも可能。気に入ったトラックはお気に入りに保存するかWAVとしてダウンロードもでき、DAWで音楽制作をしているユーザーはMIDIデータをダウンロードし、自由にアレンジすることもできる。

 『FIMMIGRMTM』のAI&アプリプロデュース・監修を手がけているのは、音楽クリエイティブ集団・agehaspringsを率いる音楽プロデューサー・玉井健二。過去のイベントでも、同サービスの開発について語っていた(参考:玉井健二、蔦谷好位置、田中隼人ら語る“音楽制作の未来” 『J-WAVE × agehasprings』イベント)。

 今後はさらなる精度の向上やユーザーがカスタマイズ可能な生成方法を機能として追加し、公開していく予定だという。

■アプリ情報
『FIMMIGRM TM(フィミグラム)』
ジャンル:AIサウンドシステム搭載ミュージッククリップメーカーアプリ
AI&アプリプロデュース・監修:玉井健二
開発・企画:株式会社TMIK
運営:株式会社ASPR
対応端末:iOS 13以降(iPhone, iPod Touch, iPad)
対応言語:日本語、英語
サービス地域:日本、中国、韓国
サービス開始日:2021年2月22日
価格:無料

ミュージッククリップメーカーアプリ・FIMMIGRMTM iOS版ダウンロード

■関連リンク
公式サイト
公式Twitter:@FIMMIGRM
公式Instagram:@fimmigrm
公式TikTok:@fimmigrm

© TMIK Inc.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる