オオカミ、今日好き、恋ステ……寒い冬に見返したい! 歴代胸キュン名シーン

オオカミ、今日好き、恋ステ……寒い冬に見返したい! 歴代胸キュン名シーン

 バレンタインである2月14日夜10時より累計視聴数2億回を突破したABEMAの大人気恋愛リアリティーショー『オオカミ』シリーズの最新作『恋とオオカミには騙されない』の配信開始が話題だ。さらに2月8日には『今日、好きになりました。卒業編2021』(以下、『今日好き』)、2月16日には『恋する❤︎週末ホームステイ 2021冬 Tokyo』(以下、『恋ステ』)と、恋愛リアリティーショーの新シーズンが軒並みスタートしている。

 ここで、上記これから展開を見せていくであろう3シリーズをより楽しむために、寒い冬に見返したい歴代胸キュン名シーンを振り返りたい。

 まずは『恋ステ 2020冬 Tokyo』からは、男子からの人気No.1であるリリカ(森脇りりか)をひたすら一途に想い続けたシティボーイのゆきと(原田夕季叶)とシンガーソングライターでラッパーの顔を持つA夏目の2人による攻防を改めてご紹介したい。


 勇気を振り絞って2ショットに誘い出したA夏目が向かったのはアクアリウム。リリカのために制作してきたオリジナル曲『東京の冬』をイヤホン片耳ずつで一緒に聴きながら、さらに勇気を出して手を繋ぐ。そして、「付き合ったら大切にする」と力強く宣言。最初の2ショットの際には全く話せなかったA夏目が、一気に距離を詰めてリードをし、恋愛モードに突入したその“切り替えの瞬間”を目の当たりにして、思わずドキッとした視聴者も多かったのではないだろうか。


 A夏目とは打って変わって、毎回2ショットの度にドキッとさせる漫画のようなシチュエーションで積極的にストレートに想いを伝えてきたゆきと。そんなゆきとが最後の夜、勝負をかけてまたやってくれるのだ。写真を撮っている最中にバックハグをしてからの、彼女をくるりんと正面に向き直らせてハグ。極めつけは「ずっと最初から(ハグしようと)決めてた」「リリカだから、本気だからやってるの」と言い添える。あまりにスマートなエスコートの連続に女性慣れを心配していたリリカの不安をちゃんと払拭した言動に胸キュン必至、もはやそれを超えて感心する勢いだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる