ハッカーがフロリダの浄水場に“毒を仕込むハッキング”仕掛ける 犯人はいまだ見つからず

ハッカーがフロリダの浄水場に“毒を仕込むハッキング”仕掛ける 犯人はいまだ見つからず

 フロリダで、サスペンス映画さながらの恐ろしいハッキング事件が発生しました。

 なんと、ハッカーが水処理施設に遠隔アクセスし、危険な量の化学物質を入れようとしたというのです。

 Mashableによると、住民の命を脅かすハッキングが起こったのは、フロリダ州のオールドスマー市。

 ピネラス郡保安官のボブ・グアルティエリ氏によると、ハッカーは施設のコンピューターをハッキングし、液体排水管クリーナーとして使う水酸化ナトリウムの濃度を100ppmから、許容量の100倍を超える1万1100ppmに変更したそう。

 グアルティエリ氏の説明によると、コンピューターのシステムは、リモートアクセスを可能にするソフトウェアプログラムを使用しており、利用を許可されたユーザーは遠隔で操作することが可能だったとのこと。

 Tampa Bay Timesによると、2日5日の午前8時頃、システムの監視中に誰かがシステムにアクセスしたことに気づいたそう。しかし、上司が定期的にシステムにリモートアクセスするため、異常とは感じなかったようです。

 異変を感じたのは同日の午後1時半頃。再び何者かがシステムにアクセスし、オペレーターが監視する中、マウスをコントロールし水処理を制御するソフトウェアを3~5分ほど触り、水酸化ナトリウム量を100倍にしたのだそうです。

 オペレーターがすぐに気づき、濃度を元の数字に戻したため、被害は未然に防ぐことができました。

 ただ、オペレーターがその場で気づかなかったとしても、すぐに危険な水が地域の住民の元に届いてしまうのではなく、給水に入るのには1日以上かかっただろうと、前出のグアルティエリ氏は伝えています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる