ロシア・中国・イランが米大統領選の関係者を大量ハッキング Microsoftが報告

ロシア・中国・イランが米大統領選の関係者を大量ハッキング Microsoftが報告

 2020年のアメリカ大統領選挙が実施される11月3日が近づく中、ロシア、中国、イランがその妨害のためにハッキングを試みていることが分かった。

ロシアの攻撃が最大の脅威、IPアドレスを転々と変えて追跡を免れる

 米テクノロジー大手Microsoftの最新の報告によると、ロシア、中国、イランのハッカーが、ドナルド・トランプ現職大統領とジョー・バイデン候補の選挙運動に関連した個人や団体を標的にしているという(参考:https://blogs.microsoft.com/on-the-issues/2020/09/10/cyberattacks-us-elections-trump-biden/)。

 検出された攻撃の大部分は、成功しなかったが、被害を受けたものについて、処理しているという。

 2016年の前回米大統領選でも暗躍し、ヒラリー・クリントン候補を標的にして落選させることに成功した「 Fancy Bear」「Strontium」「APT28」といった名前で知られるロシアのハッキンググループも、今回の選挙をターゲットにしていると『The Verge』は伝えている(参考:https://www.theverge.com/2020/9/11/21431990/russian-chinese-iranian-hackers-target-us-2020-elections-trump-biden-campaigns)。

 Microsoftは「Strontium」が、共和党と民主党の両サイドの政治コンサルタントやシンクタンク「The German Marshall Fund of the United States」を含む、200以上の組織をターゲットにしていると伝えている。

 サイバーセキュリティ企業Mandiant Solutionsのインテリジェンス・アナリストのJohn Hultquist氏が「3カ国すべてのハッカーがジョー・バイデン氏とドナルド・トランプ氏のキャンペーンに関連する人々を標的にしているが、ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)が民主的手続きへの最大の脅威だ」と述べていると『NBC News』は伝えている(参考:https://www.nbcnews.com/tech/security/russian-china-iran-launched-cyberattacks-presidential-campaigns-microsoft-says-n1239803)。

 GRUは、2016年の米大統領選のヒラリー・クリントン候補といった、多くのサイバー攻撃で威力を発揮してきたという。

 サイバーセキュリティ企業のFireEyeも、ロシアのグループを最も懸念しているという。

 Microsoftは、ロシアのハッカーが1000カ所の異なるIPアドレスをローテーションし、毎日20ほどの新しいIPアドレスを追加することで、追跡されるのを回避していることを発見した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる