古畑星夏、本田翼、森川葵……雑誌『Seventeen』出身モデルが見せるYouTuberとしての活躍

古畑星夏、本田翼、森川葵……雑誌『Seventeen』出身モデルが見せるYouTuberとしての活躍

 筆者は、最近数々の美容系YouTuberを見るが、不思議と親しみを感じ、「そうだ、そういえばこの人もSeventeenモデル出身だったな」と気づかされるチャンネルが多い。10代のうちにおしゃれに興味があると、一度は読むであろう『Seventeen』。筆者もおしゃれに目覚め始めた小学生の時に、初めて買った雑誌が『Seventeen』であった。現在活躍している人気芸能人には、Seventeenモデル出身が非常に多い。

 10代という若さのときに、Seventeenモデルとして活躍していた彼女たちは、現在モデルとしての活動だけではなく、女優や歌手として活躍している人も少なくない。例えば、人気女優として活躍している広瀬アリス、すず姉妹、朝ドラの主演を務めたこともある波留、そして歌手として活躍中の木村カエラなどを挙げることができる。多岐にわたる分野で活躍しているSeventeenモデル出身の彼女たちが、現在YouTuberにもなっているということに気が付いた。Seventeenモデル出身の彼女たちだからこその魅力が詰まったYouTubeチャンネルを紹介していきたいと思う。

ゲーム実況だけじゃない!ゆるーく美容法を紹介する本田翼の「ほんだのばいく」

[日焼け止めを塗るだけで世界が変わる。さまざまなタイプの日焼け止めをご紹介]

 その代表格といえば、チャンネル登録者数218万人と圧倒的な人気を誇る、本田翼の「ほんだのばいく」である。本田翼も実はSeventeenモデルとして芸能界デビューをしていた。在籍期間はわずか1年という短い期間ではあったが、その後は『non-no』モデルとして活躍し、現在は女優業やYouTuberとして活動しているようだ。

 本田自身がカメラを回し、動画を撮り編集までしていることから、ありのままの本田を垣間見ることができるチャンネルとなっている。投稿動画は主にゲーム実況や日常ブログなどで、ほかのモデルと比べると、美容系の投稿が少ない。しかし、様々な種類の日焼け止めを紹介する動画では、自分の愛用している日焼け止めについて熱弁している。それに対して視聴者は「初めてばっさーのチャンネル見たけど、女優さんの日焼け対策をここまで細かく知れるって豪華すぎる」「2時間に1度塗り直すとか本当に尊敬する」など、本田の美に対する意識の高さを称賛している。

現役モデルが送る、おしゃれな美容系YouTube・古畑星夏

[【黒髪】でも垢抜けるメイクのコツ教えます🖤むしろ大人っぽくみえる説?!]

 元『二コラ』、『Seventeen』のトップモデルとして活動してきた古畑星夏は、現在雑誌『ViVi』 モデル、女優として活躍中だが、そんな彼女が2020年5月にYouTubeデビュー。2020年12月現在の登録者数人数は約8万人となっている。現役モデルならではのダイエット方法やメイク動画が人気のようだ。

 コメント欄には「使っているコスメがデパコスばっかりじゃないから真似しやすい」、「プチプラコスメが多くてうれしい」とプチプラコスメを使っていることが、視聴者からの好感度を高めている理由となっていることがわかる。また、「Seventeen見てたから懐かしい」「Seventeenで初めて見て、今日久しぶりにせいかちゃん見たらめっちゃ垢抜けてて、さらにかわいくなってた」などとSeventeenモデルとして活躍していたころからのファンが続けて見ていることがわかる。

美容から英会話まで! 現役モデル藤井サチの「サッチャンネル」

[【写真初公開】私はこれで12kg痩せました!人生変わった😭]

 日本人の父とアメリカ人の母をもつ、雑誌『ViVi』モデルである藤井サチの「サッチャンネル」。彼女もまた元Seventeenモデルとして活躍していた。現役モデルだからこその体系維持のダイエット方法やエクササイズ動画が人気だ。美容やファッションのみならず、英会話動画も投稿するなど動画のジャンルは幅広い。

 この動画ではー12キロのダイエットに成功し、その方法とメンタルの保ち方について紹介している。運動を「運動=運を動かすもの」とし、そのような考え方が視聴者の胸に刺さったようだ。さらに、自分の太っていた挫折時代から、現在の体形に至るまでの経緯を話している。ダイエット方法も無理な方法ではなく、痩せることの意識についても、自分がなりたい体形を目指すといった考え方が人気を集めている。コメント欄には「自分の弱さもさらけ出してくれるモデルさん好感でしかない」「サチさんにも太っていた時期があったことに少しホッとしました」などと親近感をもつ視聴者が多いようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる