本田翼、YouTubeで“奇跡の街ブラ動画”公開 10代を過ごした吉祥寺での“病み”エピソードも

 女優でタレントの本田翼が10月17日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「世界一楽しい町」と題した動画を投稿した。

世界一楽しい町

 本田が自身のYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」を更新するのは7月25日振り。今回は京王井の頭線・渋谷駅から急行列車に乗車し、吉祥寺駅へと向かうという。吉祥寺は、本田が18~19歳の頃に一人暮らしをしていた街だそうで、井の頭公園に到着する前にはその周辺にあるお店の特徴を語っていた。

 その後、友人と合流し2人で街中を闊歩することに。“まずはランチ”と、東急百貨店の裏通りにある思い出のカレー屋を目指すと残念ながら営業時間外だった。気を取り直して、別のカフェへ到着すると、入店OK。本田はボンゴレを、友人はペペロンチーノを注文し、美味しそうに頬張っていた。

 お腹を満たすと、続いてはスウィーツを食べに別のカフェへと移動。カフェの中ではしっかりとその日に着用していた「アトリエマキタの帽子」「TODAYFULのシャツ」「メゾンエウレカのパンツ」の私服コーデを紹介する本田。やはりサービス精神旺盛だ。

 それから脱出ゲームを経て、再び井の頭公園へと向かうことに。夕暮れ時の園内を散歩しながら本田が「昔は病んでいたのか、ここに住んでいたのは18~19歳の頃だけど、早朝4時くらいに井の頭公園に来て、ベンチに座っていたことがある。あの時代って病むんだよね」とエピソードを話すと、同行していた友人も「あるよね。私って孤独と思う時期」と同調していた。やはりこの2人、気が合うようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる