M1チップ搭載Macシリーズの新たなリリース計画が明らかに Macはサーバ業界でも台頭か?

M1チップ搭載Macシリーズの新たなリリース計画が明らかに Macはサーバ業界でも台頭か?

 M1チップ搭載Macシリーズの新たなリリース計画が明らかに。Macはサーバ業界でも台頭か?その性能で業界を騒然とさせたM1チップ搭載Macシリーズが、来年にも新たにリリースされる。2022年にもリリースがあると見られ、新しいMacシリーズがPC業界に新風を巻き起こしそうだ。そして、その新風はサーバ業界にも吹き込んでいる。

2022年にはハーフサイズのMac Proも

 ブルームバーグは7日、2021年の春と秋に新たなM1チップ搭載Macシリーズをリリースする予定だと報じた。匿名の関係者によると、今年リリースされたMacBook Air、13インチMacBook Pro、そしてMac miniに続き、来年はMacBook Proのアップグレード版、エントリーレベルのiMac、そしてハイエンドのiMacがM1チップを搭載してリリースされる、とのこと。

 さらに2022年には現行モデルに対してハーフサイズのMac Proがリリースされる見込みだ。このMacが実際にリリースされれば、Macシリーズの最新モデルはすべてM1チップ搭載となる。もっとも、今年の6月にAppleが自社製チップの開発を発表した時点で、IntelチップからM1チップに移行する期間を2年と定めていたので、以上のリリース計画は当初の予定通りのものだ。

 先月リリースされたM1チップ搭載Macシリーズは、4つの高性能コアと4つの高効率コアが実装されている。来年リリースされるMacの3モデルに関しては、16の高性能コアと4つの高効率コアを実装できるように開発に取り組んでいる、と関係者は話している。さらに2022年リリース予定のハーフサイズのMac Proには、32の高性能コアを実装するテストを行っている。

 ちなみに、来年リリースされると見られる新型iPad Proには、M1チップのバリエーションモデルが搭載される見通しだ。

Intelの株価が下落

 前述のブルームバーグの報道は、この報道の直後にAppleの株価が1.3%上昇する一方で、Intelのそれは2.9%下落したと伝えている。また、M1チップ搭載のMacシリーズがIntelチップのPCを凌駕する性能を示せば、PC業界に波乱が起こるとも指摘している。

 投資会社The Motley Foolは7日、M1チップ搭載Macシリーズ台頭によるIntelへの影響を分析した記事を公開した。その記事によれば、ブルームバーグの報道によりIntel株は下落したものも、現状ではIntelのAppleに依存している収益は10%未満であり、AppleがIntelからの脱却を進めてもIntelに深刻な影響が出ない、という見方がある。

 しかしながら、今後M1チップ搭載MacシリーズがIntelチップのPCを凌駕する性能を示し続けた場合、Intelの成長に少なくない影響が出る可能性がある。The Motley FoolのIntel担当アナリストは、同社の収益は今後5年間で年率5%ずつ増加すると予想している。ところがM1搭載Macシリーズが市場で大きな存在感を示すようになれば、Intelの収益予想は下方修正を余儀なくされるかもしれないのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる