iPhone 12シリーズに複数の不具合発生、多数ユーザーが報告

iPhone 12シリーズに複数の不具合発生、多数ユーザーが報告

 AppleがリリースしたばかりのiPhone 12シリーズだが、すでに複数の不具合が発生していることが分かった。

通信が途切れる? タワー切り替えの方法に関係か

 初めて5Gに対応したiPhone 12シリーズだが、5GとLTEの両方が途切れて通話ができなくなる現象が一部のユーザーから報告されていると『Slashgear』は伝えている(参考:https://www.slashgear.com/lte-and-5g-issues-plague-some-iphone-12-devices-02649504/)。

 問題がどれほど広範囲なものかは正確にはつかめていないが、Appleフォーラムには500人以上のユーザーがこの問題について不満を訴えている。特に運転中や移動中に5GとLTEの両方の接続が切断されるという。iPhone 12がタワーを切り替える方法に関連していると推測されている。

 アメリカの複数の携帯通信会社で発生しているため、iPhone12自体に問題があるようだとの見方を同メディアは示している。

 iPhone 12シリーズでは、コロナ禍の影響で「mmWave」という5G規格がアメリカ向けのものに限定となり、日本では速度がやや遅いもう一つの5G規格「Sub-6GHz」が採用されている。したがって同じiPhone 12という名称でも日米では中身が多少異なる。しかし、この問題は日本でも発生が報告されている模様だ。

スタンバイでバッテリーが急激に減少

 また、スタンバイ状態でバッテリーが過度に消耗するという症状も発生していると『9to5Mac』は報じている(参考:https://9to5mac.com/2020/12/02/iphone-12-battery-draining-unexpectedly-fast/)。

 Wi-Fi使用時や5Gオフ時でもスタンバイ時にiPhone 12のバッテリーがすぐに消耗するユーザーが増えているという。

 5Gに対応したことで電力消費は、以前より多くなる。しかし最新のApple A14 Bionicチップの性能・効率の向上により、バッテリー持続時間は正式発表ではiPhone 11シリーズ以上を維持している。

 スタンバイ状態で1時間あたり約4%バッテリーが減るという報告があり、1,000人以上のユーザーが同様に減少する問題を抱えていると主張している。

 ハードウェアに起因する問題なのか、iOSのアップデート等で改善が可能なのか、現時点では明らかになっていない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる