白石麻衣が動画に込めた乃木坂46メンバーへの愛 卒コン直後の”1期生トーク”が眩しい

 元乃木坂46の白石麻衣が10月31日、自身のYouTubeチャンネルにて「【卒コン直後】一期生だけのわちゃわちゃトーク【貴重裏話】#11」と題した動画を投稿した。

【卒コン直後】一期生だけのわちゃわちゃトーク【貴重裏話】#11

 10月28日に行われた乃木坂46の無観客配信ライブ「NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert~Always beside you~」をもってグループを卒業した白石。今回投稿された動画はライブ終了後に撮影されたもので、2011年のグループ結成から苦楽を共にしてきた現役1期生メンバー全員が登場した。

 卒業コンサートを振り返り生田絵梨花が「みんなライブ中、まいやんに釘付けだったよね。ステージに出てない時もずっとみんなでモニターを見てたから。最後のドレス姿が特に美して」と語ると、白石は「あれも自分のサイズに作っていただいたの。LEDライトもたくさん付けてもらってスイッチ一つで色も変わるっていう。私も最初着た時に感動したよ」と明かした。続けてグループキャプテンの秋元真夏が「『じゃあね。(白石のソロ曲)』の途中から、私たちはステージの後ろから登場したんだけど、そのドレスを着たまいやんの背中が食べられそうなくらい綺麗で」と独特な切り口の感想を語ると、白石は「嘘でしょ!?」と笑っていた。

 卒業コンサートではたくさんの涙を流した白石。「ライブの6曲目に披露した『失いたくないから』でちま(樋口日奈)の顔を見たらね、泣けたの。みんなそれぞれ寄り添ってくれてすごく寂しいなって思ったけれど、笑顔を見せてくれたから大丈夫だった。でも、ちまは目の奥が寂しそうだったからなんかそれ見たら『ああ、もうダメだ』と思って涙のスイッチが入っちゃった」と告白すると、樋口も「うれしい。(和田)まあやと日奈は1期の中だと割とアンダーにいることが多かったから…でもまいやんっていつも私たちのことを忘れずに、1期生を大事にしてくれるから。それがうれしかったの」と思いを伝えていた。

 樋口の発言を受け「1期生ってやっぱり特殊というか、同期って特別じゃん。全員でいろんなことを乗り越えてきた仲間たちだから、これからも大事にしたいし、最後のコンサートで1期生みんなで何曲か歌えてすごく良かった」と明かした白石。やはり同期の絆は深いようで、高山一実と松村沙友理は「(my channel【白石麻衣 公式】)YouTube見てますよ」と口を揃えていた。これに生田が「今後もYouTubeは続けるんだもんね。まいやんが身近で感じられるのうれしいね」とコメントすると、白石は「続けますよ。何か企画があったら言ってくださいね」とメンバーに対し呼びかけていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる