ヒカキン、ボクシング世界王者・井上尚弥のKO勝利を祝福! YouTubeでの共演に高まる期待

 日本時間11月1日、ボクシングの聖地・米ラスベガスで、WBA・IBFバンタム級統一王者の井上尚弥が防衛戦に挑み、圧倒的な強さを見せつけるKO勝利を収めた。

 井上は各界に多くのファンを抱えており、ダウンタウン・松本人志が「ずっと敬語で話そう」とツイートし、本人から「敬語はやめて下さい 応援ありがとうございました」との返信を受けたことも話題になっているが、トップYouTuberのヒカキンも、「日本の誇り!」として、その活躍を讃えている。

 ヒカキンは昨年11月、さいたまスーパーアリーナで行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝を現地観戦しており、中継の映像に映ったことでTwitterのトレンド入りしたことも。今年1月には、井上尚弥、弟の井上拓真、従兄弟の井上浩樹という、プロボクシング界の“井上一族”と焼肉を食べに行き、「ボクシングのモンスター井上尚弥氏に右ストレートを効かせることに成功したヒカキンです」と楽しいツイートをしていた。

 サッカー日本代表の中島翔哉が人気YouTuberコンビ・水溜りボンドの大ファンと公言し、昨年5月に念願のコラボを実現して「夢が叶った」と大喜びしていたが、若い世代のアスリートにはYouTuberのファンが少なくない。井上尚弥もYouTubeの動画で癒されているのかもしれず、そうでなくても、もともとオリンピックを目指すほどスキージャンプに打ち込んでいたアスリートであり、トップYouTuberでありながら気さくなヒカキンは、年上ながらいい友人なのかもしれない。

 格闘家のYouTuberデビューが相次ぐ昨今、井上尚弥がヒカキンのチャンネルに出演することがあれば、シーンはまた大きく盛り上がりそうだ。試合後のオフの時期、世界最強ボクサーがYouTubeで素顔を見せてくれることに期待したい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる