【ネタバレあり】『バチェロレッテ・ジャパン』最終回 “愛と理性”をもって、福田萌子が下した最後の決断

『バチェロレッテ・ジャパン』最終回レビュー

 エピソード10では、司会のナイティナインとSHELLY、参加男性たちを交えながら、バチェロレッテと黄、杉田が再会を果たした。バチェロレッテの“決断”に、参加男性たちから疑問の声が上がるなか、バチェロレッテは「色んな人の意見があると思う。何と言われてもいい。ただ、私の人生はを決めるのは私です」と潔く答え、自分が決断したことに対してブレることはないと、改めて表明してみせた。

 そして最後に、旅を終えた後もバチェロレッテへの想いが残る杉田がもう一度、告白をする。「やっぱり必要。もう苦しくて仕方がない。付き合ってください、僕と。よろしくお願いします」と自分の思いの丈を伝える。しかしバチェロレッテは、ここでも「杉ちゃんのことは大好き。だけどそれって将来を見てじゃないの。ごめん……」と杉田の告白を断り、幕を閉じた。

 予想外の結末に驚くとともに、杉田のバチェロレッテへの愛情に感動する視聴者が多かったのではないだろうか。また、芯が強く真っ直ぐな福田萌子だからこそ、今回の結末は納得できたのではないだろうか。

 バチェロレッテも1人の32歳の女性だ。出産のタイムリミットもある。結婚や出産をシビアに本気で考えるからこそ、はじめから交際の先に結婚が見えない付き合いは今からできないのだと思う。杉田からの告白に、感情よりも理性で応えるバチェロレッテはやはりかっこいいと思った。

 これまでのバチェラーシリーズの中で、最も現実的で人間らしい物語だったと思う。恋愛ではなく、結婚を真剣に考えるからこそ、より人間のリアルを知ることができるバチェラーシリーズ。次回作にも大いに期待したい。

■なかじまりな
京都在住のライター。YouTubeやドラマ、恋リアをこよなく愛するOL。

■『バチェロレッテ・ジャパン』作品概要
タイトル: 『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1
配信開始日: 2020年10月9日(金)
※当番組は2019年~2020年3月に収録いたしました。
制作:Amazon
バチェロレッテ:福田萌子
司会進行役:坂東工
スタジオトーク出演:ナインティナイン、SHELLY
コピーライト: (C) 2020 Warner Bros. International Television Production Limited
番組URL: https://www.amazon.co.jp/dp/B085QH1H6D
公式Twitter: @BachelorJapan(https://twitter.com/bachelorjapan
公式Instagram: @bachelorjapan(https://www.instagram.com/bachelorjapan
Amazon Prime Video JP公式YouTube 『バチェロレッテ・ジャパン』プレイリスト:
https://www.youtube.com/playlist?list=PLKvKkdOu8mH0ABkhHqD5xC9IuAnA5iQi_



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる