殺害予告すら神対応でかわすヒカキン 、なぜ“なりすまし”に激怒? 「もう許さない」の真意とは

 YouTuberのヒカキンが9月30日、自身の公式チャンネルに投稿した動画で、悪質な“なりすまし”への怒りをあらわにした。

ブロックされたので本当に許さないことにしました。【悪質な詐欺・偽物・なりすましについて】

 ヒカキンはかつて、Twitter上で殺害予告をしたユーザーにさえ「僕が証拠を持って警察に行けば捕まる内容なので、気をつけて下さいね」と優しく諭すなど、衝突を好まない温和な人柄で知られる。しかし、このほど公開された「ブロックされたので本当に許さないことにしました。【悪質な詐欺・偽物・なりすましについて】」と題した動画では、「このニセモノがー!」と怒り心頭の様子。理由は、自分の名をかたる“なりすまし”が、Twitterで暗躍しているからに他ならない。

 ネット社会において“なりすまし”は有名人の宿命。とりわけ、一定の匿名性と自由な発信が担保されているTwitterは、その温床となりやすい。YouTuber界隈でも、はじめしゃちょーの弟や母親を名乗る偽アカウントが出現したり、金持ちYouTuberラファエルになりすまし「現金配ります」企画をエサにフォロワー数を稼ごうとしたりと、様々な事例が過去に報告されている。

 今回現れたヒカキンのなりすましアカウントは、アイコン写真はもちろんのこと、プロフィール欄までそっくりコピペ。iTunesカードやAmazonギフト券をプレゼントすると謳い、フォロワー数を5万人にまで増やしていた。しかもこのニセモノは、後ろめたい気持ちがあるのか、ある時から本物のヒカキンをブロック。さらに、IDや名前を頻繁に変更して目くらましをしており、ヒカキンは「巧妙でしょ?」「フォロワーを増やしていって何かしら悪いことをしようとしてるのかなと僕は思ってる」と憤った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる