元乃木坂46 生駒里奈、アイドルから女優へ お散歩動画で自身を取り巻く環境の変化を語る

 元乃木坂46の生駒里奈が9月5日、オフィシャルYouTubeチャンネルを更新。「【おさんぽトーク】お仕事、幼少期、そして普段の過ごし方。」と題した動画を投稿した。

【おさんぽトーク】お仕事、幼少期、そして普段の過ごし方。

 7月23日にファンとつながる新たな場所としてオフィシャルYouTubeチャンネルを開設させた生駒。1つ目の動画「【自己紹介】生駒里奈、YouTube始めます!」は、77万回再生を記録(9月9日現在)。新作を除くとこれまで計6本の動画をアップし、いずれも10万越えの再生回数を誇っている。

 「他のSNSでは表現できない、今後の女優活動にプラスになるようなことを発信していきたい」という思いから、YouTubeチャンネルを開設した生駒だが、今回投稿した動画は、お散歩をしながら仕事について、幼少期について、そして普段の過ごし方について語るという内容だった。確かにこういった切り口で、自らの情報を動画で発信できるというのはYouTubeならではといえるだろう。

 普段から散歩をしているという生駒は、どういう時に歩いているか聞かれると、「次、どういう演技をしようかとかそういうプランを考える時ですかね。今は夏で暑いけど陽が沈んでちょうどいい時に出かけたり。季節によって出かける時間帯はちょいちょい変わるけれど、よく散歩しています」と明かした。

 続けて、秋田県出身の生駒は幼少時代の思い出について聞かれると、「田舎だったので、自転車が自分の足になるんです。100円だけ持って、10円ガムとかきなこ棒を買って友達の家に行って、お菓子食べたり、漫画読んだり、そういう過ごし方をしていましたね」と回顧。現在は休日は「何もしていない」と笑いながらも、部屋の掃除に勤しんでいるそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる