伊藤ガビン、おめシス、ガッチマンらが『NEWVIEW』参戦 ジャンル特化のxR表現コミュニティ第2弾は、『#GAME』

伊藤ガビン、おめシス、ガッチマンらが『NEWVIEW』参戦 ジャンル特化のxR表現コミュニティ第2弾は、『#GAME』

 VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム『STYLY』を提供する株式会社Psychic VR Lab、株式会社パルコ、株式会社ロフトワークによる共同プロジェクト『NEWVIEW(ニュービュー)』は、ジャンル特化のxR(VR・AR・MRなどの総称)表現コミュニティ『NEWVIEW CYPHER(ニュービュー・サイファー)』の第2弾となる『NEWVIEW CYPHER #GAME』の参加アーティスト/クリエイターの募集を開始した。

 第2弾となるゲームは、VR業界において最もメジャーなジャンルのひとつ。『NEWVIEW CYPHER #GAME』では、『STYLY』を使ったVRゲーム制作を通じてVRゲームの新たな表現を探求。ミートアップやハッカソンを通じて、互いにアイデアや実装手法を共有しつつ、長い歴史を持つゲームの概念のアップデートを目指していくという。

 今回の発表にあわせ、『STYLY』では、手軽にインタラクションを実現できる『インタラクションSDK』をリリースした。VRゲームは、他ゲームジャンルと異なり、ハードとソフトウェア両面で成熟しきっていないことから、個人開発・インディゲームの盛り上がりに欠ける部分があるという。インタラクションを用いたコンテンツ制作をサポートする『インタラクションSDK』は、これまで『STYLY』で実現するには有償のアセットが必要だったり、特別な技術的知識が必要であったインタラクションを、容易に実現することができるように。『NEWVIEW CYPHER #GAME』は、この『インタラクションSDK』を用いることで、コーディングの知識がなくても、VRゲーム制作にチャレンジすることが可能となった。

 『インタラクションSDK』は『STYLY Plugin for Unity』に同梱されており、『STYLY Plugin』を『Unity』にインポートすることで利用できる。『STYLY Plugin』は下記のページからダウンロード可能だ。

 さらに『NEWVIEW CYPHER #GAME』では、ゲーム、VRへの経験と知見豊富な、ゲーム実況者のガッチマンと、ゲーム実況が人気のバーチャルYouTuber おめがシスターズをオブザーバーに迎える。オブザーバーは投稿されたゲームへのコメントや、気に入った作品の選出を行う。

 今後は、インスピレーションとなる3アーティストとのコラボレーション作品を追って公開していく。おめがシスターズが自身の動画で遊ぶために作られたVRゲームを公開するほか、1996年に『パラッパラッパー』を生み出しゲームの概念を塗り替えた伊藤ガビン氏がVRゲームを初プロデュースし、10年以上のゲーム開発経験を持つHayato氏がオリジナルのゲームを公開するという。

■概要
『NEWVIEW CYPHER #GAME』

〈募集アーティスト/クリエイター〉
・VRゲームの制作に関心のある方
・作品の制作と作品エントリーを実施できる方

〈スケジュール〉
・プレイヤー(参加アーティスト/クリエイター)およびオーディエンス募集期間
2020年8月14日(金)12:00~ 2020年9月10日(木)19:00

・作品投稿募集期間
2020年8月14日(金)12:00~ 2020年10月23日(金)24:00

※投稿された作品は、『NEWVIEW AWARDS 2020』にも同時でエントリーされる。

〈オープニングイベント(オンライン/Zoom)〉
2020年8月28日(金)19:30〜21:00
『NEWVIEW CYPHER』オープニングイベント参加申し込みページ

■関連リンク
https://newview.design/cypher/
STYLY Plugin ダウンロード
インタラクションSDKマニュアル
インタラクション紹介動画

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる