『ポケモンバーチャルフェスト』が8月12日開幕! プレビューで感じたヒットの可能性

『ポケモンバーチャルフェスト』に感じたヒットの可能性

『ポケモンバーチャルフェスト』がいまリリースされる意味

 今回『ポケモンバーチャルフェスト』のプレビューへと参加し、私が感じたのは、オンラインにおけるミートアップの価値の高まりである。

 ご存知のとおり、いま世の中では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、思うように出かけられない日々が続く。多くの人が家という閉じられた空間のなかで、人との接点や非日常の特別な体験を探し、その機会創出に必要なモノ・コトに対して、食指を動かし続けている現状だ。たとえば、春以降、Nintendo Switchが市場から姿を消している点、Netflixの契約件数が急増している点にそうした状況が見て取れる。家の外から家の中、オフラインからオンラインへと、確実に体験の価値がシフトしつつあるのだ。

 『ポケモンバーチャルフェスト』は、そんな世の中の状況にマッチしたゲーム体験をプレイヤーへと提供する。そこにあるのは、『どうぶつの森』的なゆるく友達とつながれるコンテンツ、『Fortnite』的なワンタイムイベントの存在だ。

 ゲームカルチャーはいま、制作側から与えられたものを消費する文化から、プレイヤー全員で作り上げていく文化へと、変化の時を迎えている。『ポケモンバーチャルフェスト』はこの時代にマッチし、人気コンテンツへの階段をあがれるか。今後の展開まで含め、期待感の高まるプレビューだった。

■結木千尋
ユウキチヒロ。多趣味なフリーライター。
執筆領域は音楽、ゲーム、グルメ、テクノロジーなど。カルチャー系を中心に幅広いジャンルで執筆をおこなう。
人当たりのいい人見知りだが、絶対に信じてもらえないタイプ。Twitter:@yuuki_chihiro

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
© 2017 Cluster, Inc.
※画面は開発中のものです。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる