YouTubeで女子ソロキャン動画がトレンドに ロケーションの映像美とスローライフが人気の鍵

参考:NoxInfluencer「Top 100 登録者増加数YouTuberチャンネル」

 YouTuberに関するデータを提供する「NoxInfluencer(ノックスインフルエンサー)」を参照し、直近1週間で注目を集めたYouTubeチャンネルの理由を探る本企画。今回は3つのチャンネルに注目してみた。

 世代関係なく、ソロキャンプ好きが増加している。その一因として、女子高生がキャンプを楽しむ姿を描いたマンガ作品『ゆるキャン△』のアニメ、実写ドラマ化と大ヒットが挙げられるだろう。テクノロジーの進化により、何事もスピーディに動くようになった現代社会。『ゆるキャン△』ではそれとは正反対に、アナログチックなキャンプシーンや、ほのぼのとした会話など、スローライフ模様が繊細に描かれている。

 これが各世代に刺さり、2019年は「ソロキャン」が新たなトレンドに。日本オートキャンプ協会の資料によると、『ゆるキャン△』の連載が始まった2015年からドラマ化した19年に至るまでに、オートキャンプの参加人口数が約50万人近くも増加しているのだ(参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000022815.html)。

 その余波はYouTube業界にも及んでいる。キャンピングカーで車中泊をしつつ、キャンプ生活を楽しんでいる、えりさん「えりキャン△(↑95.5%/登録者数3.96万人)」もソロキャンパーの一人で、女性ならではのキャンピング生活を紹介している。

 キャンプの醍醐味といえば、自然のなかで食べるご飯。同チャンネルでは、マシュマロを焼いてみたり、スーパーで買ってきた食材を調理してみたりと、情緒あふれるものからお手軽料理まで様々なものを作っている。また、車中泊ということで、車の内装がキャンプ仕様になっていることも見逃せない。「えりキャン△」では、車の機能性を紹介しており、寝具や電化製品、収納スポットなどにフォーカスした動画も公開している。ソロキャンプの楽しさをバッチリ伝えてくれるチャンネルだ。

 お次はMIHO氏の「MIHO氏TV!(↑25.7%/登録者数3.66万人)」。MIHO氏は元々、ゲストライダーやイベント司会など、ロードバイクに関する仕事に携わっており、チャンネルでもサイクリングの動画などをアップしている。そして2020年2月に投稿した動画では、「もともと興味はあった」とのことから、キャンピングカーを購入したことを報告。それ以来、キャンプ動画をアップするようになった。

 キャンプ初心者とのことで、動画ではテント設営や火起こしに初挑戦。さまざまな経験を経ていく中で、キャンプの魅力に気づき、ついには900万ほどもする、ハイエースをベースとしたキャンピングカーを納車するに至った。これからキャンプを始めてみたい方や興味はあるという方には、オススメのチャンネルかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる