人気YouTuberフィッシャーズ、なぜテレビ出演相次ぐ? 『ネプリーグSP』出演に寄せてその魅力を考察

 本日8月3日、夜7時より放送の『ネプリーグSP』(フジテレビ系列)に人気7人組YouTuberグループ・フィッシャーズのシルクロード、マサイ、ンダホ、ぺけたん、ザカオ、モトキが出演する。

 YouTuberは時代の象徴ともいえる存在だ。活躍の場はいまやYouTubeに留まらず、テレビやラジオなど幅広いメディアに広がっている。YouTuberの新たな道を切り開くのは、多くの視聴者を熱狂させる人気YouTuberたちだ。チャンネル登録者数635万人のフィッシャーズもその一端を担っており、これまで通り、自分たちで企画・演者・撮影・編集をこなしながら、テレビ出演も精力的に行なっている。なぜ彼らはテレビに求められるのか、今夜の『ネプリーグSP』放送を機に、その理由を探っていく。

 理由のひとつは、彼らの話題性の高さだろう。現在、単独チャンネルの累計再生回数は100億を超える。日頃からフィッシャーズの動画を楽しんでいる視聴者だけではなく、日本のYouTubeにとっても熱い展開を繰り広げているのが彼らというわけだ。

 2019年には、世界の人気動画クリエイターが集結した「配信動画のアカデミー賞」と評される「Streamy Awards」で、アジア太平洋部門を受賞している。2019年最も視聴されたクリエイターランキングで世界9位に輝くなど、これまで積み上げてきた実績は、YouTubeを観ない層にとっても非常に分かりやすく、話題性を求めるテレビが注目するのは当然のことだろう。

 また、彼らが持つポップなイメージも関連している。代表作のアスレチックシリーズを筆頭に、自分たちで発案したゲーム性の高い遊びや日常を全力で楽しむ彼らの動画を見て、明るく元気な印象を受ける人は多いはずだ。彼らの人気を支えるのは子どもたちや若者が中心だが、テレビで見せる爽やかな受け答えや動画作りのこだわりを語る職業人の姿勢は大人世代からの評判も良い。彼らが醸し出す安心感は、幅広い世代をターゲットにしたテレビにおいて貴重な要素となる。

 そして特筆すべきは彼らの持つ、真っ直ぐなストーリーだ。付かず離れず、それでいて確固たる信頼関係を築く中学の同級生7人が、YouTubeで確かな実績を残すまでの道のり全てにストーリーがある。その裏にある地道な作業の継続や個々の等身大の魅力を含め、彼らのストーリーを取り上げたテレビ番組は大きな話題になった。テレビ出演が相次ぎ、魅力を深掘りする企画が増えた背景には、彼らの信念や行動に対する視聴者の反響の大きさがあるともいえる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる