7 MEN 侍、YouTubeでV系バンドに変身 可能性しか感じないメンバーの個性

 メンバーが次々と見事なメイクを披露した中で、1人だけ別の方向性に突出した男がいた。それが、メイク中に怪しげな動きをしていた佐々木だ。往年のスター女子プロレスラーのアジャ・コングを彷彿とさせるメイク。リップを多用して作り上げたという。さらに、自腹で購入したという筋骨隆々なムキムキなボディースーツまで用意する、なんとも笑いに貪欲な姿勢を見せた。

 もともと7 MEN 侍といえば、全員が楽器を披露するバンドユニット。せっかくなので、最後はヴィジュアル系メイクのまま演奏することに。いつもと違う雰囲気のメイクに、彼らの演奏スタイルもちょっぴりワイルドになる。

 これを機に、彼らのライブにメイクの力が加わっても面白いのではないか、という気持ちになったのは筆者だけではなはず。例えば、中村が全員に美しくメイクを施してもいいし、佐々木のように全員がプロレスメイクになって笑いを誘うのも良さそうだ。何事も予想の斜め上をいく結果を出してくれる7 MEN 侍に、ますます可能性しか感じない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる