7 MEN 侍、YouTubeでV系バンドに変身 可能性しか感じないメンバーの個性

 アイドルに個性が求められる時代。ジャニーズJr.から、ついにヴィジュアル系バンドが誕生した……というのは、YouTubeの『ジャニーズJr.チャンネル』にアップされた動画内での話だ。ジャニーズJr.の人気ユニット、7 MEN 侍が『【僕たちヴィジュアル系】自分メイクでV系バンドに変身!』と題して、奇抜なヘアメイクに挑戦した。

7 MEN 侍【僕たちヴィジュアル系】自分メイクでV系バンドに変身!

 まずは、アイシャドウに「触ったこともない」という矢花黎が、恐る恐る指でピグメントを取ってみることに。「色合ってる?」と不安げな表情のまま、まるでコンタクトレンズを入れるようにまぶたにONする様子が映し出された。

 「この距離でめっちゃ見えるね。ラメがいい」とピグメントの発色の良さを具体的に伝えるのは、日頃から美意識の高い中村嶺亜。中村は、以前ドラマでもビジュアル系バンドメイクに挑戦したことがあり、矢花と今野大輝には難しいのではないかと話す。その今野はといえば、ビジュアルメイクといえば「髪がとんがってる」とざっくりとしたイメージしか頭にない様子。どんな仕上がりになるのか、ますます楽しみな展開に。

 いざ、メイク開始。「初めてアライナーを使うんで手が震えてる」と鏡に前のめりで挑むのは、秀才キャラの本髙克樹だ。先程からメイクに不慣れなことがフィーチャーされている矢花も、スポンジで白いファンデーションを広げる「お〜、鼻ん中いっちゃったよ」と期待通りのリアクションを披露。悪戦苦闘するメンバーの中で、ひときわ佐々木大光の動きが怪しげなのが気になるのだが……。

 そして約1時間後、渾身のヴィジュアル系メイクが完成。ランウェイ式に、次々とメンバーが登場する。最初に歩いてきたのは、オープニングから仕上がりが心配されていた矢花だ。しかし、その仕上がりは予想を大きく超えてくるもの。こういうところが、さすがジャニーズJr.と言わずにはいられないところだ。目の周りにダークカラーのピグメントを施し、闇を感じさせながらもキラキラとしたカリスマ性も感じさせるメイクを披露した。

 続いて、アイライナーを持つ手が震えると言っていた本髙が登場。全てのパーツ強調させることでヴィジュアル系の雰囲気を作り上げ、持ち前のハッキリとした目鼻立ちがより引き立つ形に。顔全体に赤系のピグメントを乗せて上気したような艶肌を作ることで、中性的な雰囲気を醸し出すことに成功している。完璧なようで不自然な歩き方を見せるところも、ご愛嬌。

 さらに、矢花と共に懸念されていた今野は、シンプルでありながらインパクトをしっかりと残すメイクに仕上げてきた。異なる色のカラーコンタクトを用いてオッドアイを表現。右目を大胆にアイラインで囲み、真っ赤なリップでより色の白さが強調される。ベロを出し、ノリノリな表情で決めたポーズもよく似合う。

 そして、さすがのメイクで圧倒するのは中村だ。アイライナーを巧みに使って、二重幅の上にダブルラインを引く高等テクニックを披露。グレーのピグメントで囲み、アイライナーよりも柔らかく自然な形で目力を強めた。さらに、目尻に赤系をそっと乗せることで、髪色とのまとまりのあるメイクになっている。

 なかでも、最もイメージチェンジに成功したのが菅田琳寧だ。「一番のこだわり」だという赤髪のトサカヘアーが実に見事。また、本来の眉毛を塗りつぶし、細く鋭角な眉を描き直すのも、なかなかの技。さらに、眉から鼻にかけてのシャドーを入れることで、顔の印象を大きく変えた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる